2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ8【クラシック】

1 :774mgさん:2007/08/31(金) 00:50:33 ID:pTjfxZHz
モダンブライヤー・パイプの原点であり、洗練された喫味と美しいクラシック・シェイプ。
今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良きイギリス製のパイプをメインに据えて、
ヴィンテージ物入手、喫味、レストア/リペア、コレクション、鑑定・歴史研究等の
さまざまな切り口で重層的に楽しみ、語り、情報交換するためのスレッドです。

該当ブランド:
Dunhill (Patent-eraもしくは1960年代以前)
Barling (Pre-Tran、Trans 1968年以前)
Charatan (Lane eraもしくは1988年以前)
Sasieni (Family era 1979年以前)
Comoy's (Pre-Cadogan 1975年以前)
GBD、Loewe、BBB(Pre-Cadogan 1980年以前)
その他上記メジャーメーカーのセカンドブランド、
Astrey's、F&Tなどのショップブランドも可
KB&B(Kaywoodie等)、WDC、CPFなどのアーリーアメリカン
メーカーも暫定的に可

○基本的にestate(中古)パイプを扱うことになります。
○e-bayが主な行動範囲になりそう。アイテムを貼りつけてあれこれ談義もよし。
○スモーカー、コレクター共に歓迎。一穴主義者には目の毒です。
○実用的なスレであると同時に非常にペダンティックなスレでもあります。長文大歓迎。
○パイプ自慢大歓迎。どんどん貼りつけるべし。うぷろだは自前でお願いします 。
○中古パイプに関連した話題であれば、一応製造国を問わず面倒をみます。
○イギリス製以外で盛り上がるようだったらスレ分化で対応します

2 :過去ログ:2007/08/31(金) 00:51:59 ID:pTjfxZHz
前スレ
【パイプ】オールドブリティッシュ7【クラシック】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1177606913/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1171523653/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ5【クラシック】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1165330412/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ4【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1159577645/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ3【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1156954903/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ2【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1150797142/

【パイプ】オールドブリティッシュ【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/smoking/kako/1142/11428/1142880773.html

3 :リンク集:2007/08/31(金) 00:53:36 ID:pTjfxZHz
関連リンク:ショップ
<ebay>(英語)collectible-tobacciana-pipe-estateでメーカー名検索
ttp://collectibles.listings.ebay.com/

<Fine Pipes>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。商品説明は薀蓄の宝庫。
ttp://www.finepipes.com/index.php

<The PipeRack>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。
ttp://thepiperack.com/

<The Smoker Ltd>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。
ttp://www.thesmoker.com/

関連リンク:資料・コレクション
<PipePage>(英語)ビンテージメーカーの資料がたくさん。聖地かも。
ttp://www.chriskeene.com/

<G.L.Pease>(英語)Dunhill、GBD、Comoy's、Sasieniのコレクション有り
ttp://www.glpease.com/index.html

<Ye Olde Briars>(日本語)日本初のビンテージパイプ・専門サイト。
ttp://yeoldebriars.com/


4 :774mgさん:2007/08/31(金) 00:55:17 ID:pTjfxZHz
よもやの512KB制限w

ひさびさの展開ですw

5 :774mgさん:2007/08/31(金) 00:56:15 ID:wXd+/XV0
新スレおめ〜
さっそく長め&前スレの続き。

5ヶ月ほど前、入手したWindsor#55がルーズだったのでKメソで直しました。
その時はKメソ直後はタイトで、その後すこし緩んだのか丁度よくなり、
そこで安定したようで、現在もそのままです。
なので個人的には、膨張→状態復帰(に近づく)→安定、という経過を辿るように思います。

また、先月入手したWindsor#38も、これまた下に向けると抜けるほどのひどいルーズでして。
Kメソを数回繰り返しても、若干改善されるけど、ルーズ解消には至らず。
#55に比べて#38はシャンクが細めなので、膨張→復帰する度合いにも限界がある、
という事なのかもしれません。
で、諦めて木工ボンド方式で直しました。その後10ボウルほど吸ってますが、
今のところ特に問題なしです。

6 :774mgさん:2007/08/31(金) 01:06:31 ID:bRd9Tw5e
「オナホール」に針混入、53万個を自主回収へ

大人向け玩具の最大手、シスタープリンス株式会社(福岡県小倉市)は28日、製造過程で針が混入したとして、
販売されたオナホール(男性向け性玩具)の自主回収を発表した。
同社によると、12月10日以降に出荷された製品100万個のうちおよそ半数にあたる53万個に、
最大8センチの塩化ポリエチル製の縫い針が混入しているのを確認したという。
対象製品は『リアル絵梨香ちゃんの放課後パート6凸凹タイプ♪だよ』と呼ばれるもので、
直径12センチのカップ状の容器に直接男性器を挿入して快感を得る。
回収対象品を使用した場合、男性器に針が刺さり最悪の場合死亡する事態も予測されるという。
同製品は都内の若者を中心に高い支持を得ており、通信販売の購入者に対しては
各家庭に訪問員が日中に派遣され、無償で正規品と交換する予定。
また、購入経路から把握でき次第、全ての購入者の自宅や勤務先に
各自治体の保健所からの衛生員が出向き、安全で適切な自慰の方法を実演しながら指導するという。
なお同社は2002年4月にもローター(女性向けわいせつ玩具)の『ロブスター』が
膣内で爆発し、未成年の女性が妊娠する痛ましい事故が発生している。

7 :774mgさん:2007/08/31(金) 01:15:39 ID:pTjfxZHz
ちと最近レストア関連でヨソに通じない略称が多くなってしまったと思うので
ミニレストア用語集など。

・S/A … ソルト・アルコールトリートメントの略。 
パイプのチャンバーに塩を詰めてアルコールで満たし乾燥させる脱臭方法。

・A/R … アルコール・レトルトメソッドの略。アルコールで満たした専用のレトルト
(試験管などを使って自作可)と熱源を使用して、パイプ内部を強力にクリーニングする方法。

・Oメソッド … オキシクリーン・トリートメント。酸素系漂白剤オキシクリーンを使用した
変色したバルカナイト・ステムの脱色方法。

・Kメソッド … ケトル・メソッドの略。スチーム法。一杯に満たして沸騰させたヤカンの口から
噴出する蒸気を使って、パイプボウルの外部をクリーニングする方法。アルコールを使った方法よりも
ステインへのダメージが少なく、ボウルトップのタール蒸着や古いワックスを強力&簡単に除去できる。
ステムルーズなどの回復にも使用可能?

8 :774mgさん:2007/08/31(金) 16:45:20 ID:pTjfxZHz
KメソしたComoyですが、二日たってもタイトフィットのままですね。
まあ二日程度ではなんとも言えませんが。

以下、Kメソがブライヤーに与える影響をちょっと考察してみます。

以前スレでも紹介したことがあると思いますが、ブライヤーの表面の凹みを修復するのに
スチームアイロンを用いる方法があります。確かソース元では、
「ブライヤーの繊維が断ちきられていない場合、軽度の凹みは蒸気と高温を与えることで
ブライヤーの復元能力を引き出し、凹みを修復することができる」とのことでした。

Kメソによるテノンルーズもこれと同じことではないのかと。

つまり、ステムを熱いうちに引きぬいたり、無理な力をかけることによって、
モーティス内部が一時的に拡張されてしまった状態がステムルーズ=仮定すると、
Kメソはここに蒸気をあてることによってブライヤーの復元を促し、結果として
製作当時のモーティスの寸法に戻しているんじゃないかと。
↑の>>5さんの報告にもありますが、

・ルーズな状態 =使用によって、モーティス部分が製作当時の寸法より収縮している
・Kメソを掛けた直後はタイト =熱膨張も加わっており、製作当時の寸法より膨張している
・その後すこし緩んで丁度よくなる =熱膨張分が収縮し、製作当時の寸法に復元された

というフローを辿っているのではないかと想像します。

>>5さんの例の、Kメソッドの効果がない重度のステムルーズは、
「ブライヤーの繊維がたちきられてしまっている」状態である、と仮定すると、
上の説明でスッキリ納得できるように思えます。どうでしょうか。

9 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/08/31(金) 18:04:34 ID:6Ym/WOnQ
512KB制限、おめ〜!
(って、512KB制限に引っ掛かるのが「お目出度い」のか良くわからんのですが・・・笑)。

なるほど、「繊維」という視点から見ると確かに「スッキリ」納得できるように思いますね〜。
しかし、私のような「木工の素人」からしてみると「玉目(バーズアイ)」と「柾目(グレイン)」とでは
「膨張率」に「差」があるような気がします。
ちょっと目、「バーズアイ」の方が膨張し易く感じますが、その点、「専門家」の方のご意見も伺ってみたいですね〜。


10 :774mgさん:2007/09/01(土) 16:43:13 ID:B2VhLwca
新スレおめでとうございます。

11 :774mgさん:2007/09/03(月) 22:35:26 ID:UfVCBIKD
pipewolfの中の人、wolfgang pointnerさんが、コレクションをebayに大量放出してますね。
pipewolfのコレクションページでおなじみのパイプも何本か含まれています。
Dunhillだけでなく、BBBとかHardcastleとかもありますね。

出品の説明によると、近頃大量にコレクションを増補したので、
余ったパイプを売っているとのこと。
「パイプコレクションを止めるわけじゃないからね!」
とわざわざ釘まで指しているところ、世界中のダンヒルコレクターが参照する
人気サイトのサイトマスターゆえの苦労がうかがえますw

12 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/09/04(火) 22:57:40 ID:fBEXI6MI
実は、私の「古dunhill」集めも、数年前wolfgang氏から買った一本の「shell」から始まっています。
氏のHPには「PIPE FOR SALE」という頁があって、数本のパイプが展示されていました。
今から考えると、かなり「割安」で販売されていました。
そこで買った「ブルドック」が「初エステート・パイプ」で、現在でも所有しています。
非常にフレンドリーな方で、パイプに関する造詣も深く、分からない事をメールで質問したりしたものでした。

ところで、氏のHPにある「dunhill info」ですが、どなたかドイツ語に堪能な方に翻訳していただきたいですね〜。
あそこで氏も「誰か英語に翻訳してくれないかな〜」と書かれています。
とりあえず「情報の羅列」だけで理解出来ることは出来るのですが、日本語に翻訳されればより一層親しみ易いとは思うんですけど・・・。


13 :774mgさん:2007/09/04(火) 23:52:19 ID:b2OYVguu

63年ブルイエル到着。
ベントローデシアン、ってこれPですな。
Pはカッコ良いです。状態もかなり良し。

味のほうは・・・・・
近々ウチのページでタマったパイプと一挙公開予定。


14 :774mgさん:2007/09/05(水) 20:02:10 ID:FOF1wes3
コレって何年製ですか?

ttp://cgi.ebay.com/DUNHILL-SHELL-BRIAR-ESTATE-PIPE-NEAR-MINT-CONDITION_W0QQitemZ190149466242QQihZ009QQcategoryZ4119QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem

ENGLANDのあとの数字をみると75年製に思えますが、「CK」ではなく「460E」とですし、シェルなのに短縮コードが「S」ではなく「C」と打たれてますし、、、。
教えてください。


15 :774mgさん:2007/09/05(水) 21:58:34 ID:z3p+mbYt
"15"とあるって事は指折り数えると75年製である事は間違いないのだが。

16 :774mgさん:2007/09/05(水) 23:29:02 ID:V1ByvM8N
うーん、このC刻印は一体なんですかね。
多分1975年の、旧ナンバー体系が廃止され、
5桁の新ナンバー体系が導入(1977-78)されるまでの
過渡期の製品だと思いますけど。

シェイプもちょっとCKとは違うような気も。

17 :774mgさん:2007/09/06(木) 07:17:11 ID:ee8sWmis
14です。

75〜78位って事ですね。
○数字がなかったり、刻印のあるところだけブラストがかかってなかったりと不思議な点が多いですね^^。
返信ありがとうございました♪



18 :774mgさん:2007/09/06(木) 21:53:11 ID:k7kcNdJT
ルーズテノン関連のお話の続き。

Kメソッドで処理して実にいい按配になったComoy's Extraordinaire 125ですが、
タイトなフィットは1週間を過ぎても変わらず。
IRCで数人の人に聞いてみたのですが、Kメソで処理したルーズテノンは
概ね術後もちゃんとタイトフィットが持続するみたいです。


* * *
Kメソッドはとりあえず置いておくとして、ちょっと自分が先日リペアしたパイプについて。

ブツはBarlingのCherrywoodだったのですが、エクステリアが非常にキレイだったにも
かかわらず、一点だけ深刻な問題がありました。

テノンがナイフかなにかのようなもので、円周方向にいくつも筋が彫られ、ジャギジャギになっていたのです。

結果としてスカスカどころではなく、下に向けるとステムがポトンと落ちるステムルーズっぷり(笑)
Kメソッドをかけてみましたが、テノンの寸法自体が変化してしまっているため、
全く効果がありませんでした。

というわけで別の方向を摸索し、
瞬間接着剤をパテのように使用してはどうかと思いあたりました。

テノンに瞬間接着剤を薄く塗布し、乾燥させることを数回。
これで筋彫りは完全に埋まり、テノンのサイズもモーティス内径より若干太くなりました。
ここから慎重に、600番のサンドペーパーをテノンに丸く巻きつけ、
指で均等になるように圧力を掛けながら、ステムを指の中で回すようにして
根気良く研磨開始。
ときどきテノンを拭って鉛筆をぬりつけ、
モーティスに仮挿入してサイズを比較しながら研磨を続けます。
モーティスに軽く挿入して、引っかかるようならその部分を重点的に削っていきます。
(この歳、無理をしてねじこむと一発でシャンク割れが起こるので注意!)
ぴったり合うようになったら、ペーパーを1000番に換えてさらに研磨、
最終的にコンパウンドで仕上げました。

シャンク割れの危険を回避するべく若干ルーズ気味で止めましたが、
なんとオリジナルのテノンと見紛うばかりのいいテノンができあがりました(笑)

結構微妙な作業な上、常にシャンクを割る危険性が付きまとう方法ですので
人には全く勧められませんが、瞬間接着剤を使った盛り&削り、の例ということで。

19 :774mgさん:2007/09/07(金) 14:09:31 ID:ELJcsUbb
よっしゃよっしゃ。
久しぶりにパイプ2本獲ったどー!!

とはいえまだまだ暑いしパイプは美味しくないですな。。
禁煙減煙にも拍車がかかりそうですww

ぶっちゃけ聞きますけど、明日ごっそり終わるY-B、狙ってる方いますかww?

20 :774mgさん:2007/09/07(金) 17:45:29 ID:IbuVDcXd
はいはい、ハンドスナイプで1〜2本獲りにいこうかと思ってますw
でもなんかそっけないスタンプのが多いですな〜
新しいのかなぁ?でもYB試してみたいし、まぁいいかw


21 :774mgさん:2007/09/07(金) 19:10:30 ID:XpUGb7kA

YBはいきませんが、ここのところ数ドルでヘンなパイプを
連続で落としてます。夏は仕事もけっこうヒマで、 e-Bay って
見てる時間に比例して入札が増えますなww

かなりマニアックなパイプを落としてるので
まとめて紹介します。

65年ブルイエル、 Outbid された相手はウクライナ人、
参加者が増えれば落札価格も上がるわけで、
クラシック・パイプはこれからもどんどん値が上がるんでしょうね。
来るか、YB$100時代・・・・

22 :774mgさん:2007/09/07(金) 21:39:30 ID:CnMInhAJ
>>21
非常に楽しみにしておりますw

前スレで筆記体Frankについて書いた者ですが、あれからまた「ITALIAN BRIAR」の刻印があるやつと、
「French Briar」の刻印があるという触れ込みのやつを落としました。
イタリアンのFrankは、校長先生のトコで紹介されているKB&Bのチャーチワーデン(私も一本持ってます)と、
ほぼ同等の旨さのため、今後も追いかけるつもりですw
(先日アンスモークのFrankが出てましたが、悔しいことに競り負けましたw)
他メーカーのイタリアンにもちょっかい出してますw比較したいので、見かけてもそっとしておいておくんなましw

もう一本は、フレンチってこたあアルジェリアンだろうな、と勝手な推測の上でw
KB&Bのアルジェリアンにどれほど迫れるか、こちらも楽しみです。
届いたらまたレポしますので〜

Bertramは凄いハズレを引いたので、しばらく身を引きますwww

23 :774mgさん:2007/09/08(土) 00:34:20 ID:XmBQLL4a

>>↑
フランク友の会より;

アメリカのこの時代のイタリアンとフレンチは、まさに甲乙つけがたい
「ブライヤーの両横綱」ですね。
SMフランクがらみの珍品を落としたんですが、 e-Bay 落札最安値を更新
2.99ドルでした。これも紹介しますのでお楽しみに〜

ベルトラムは私も二本連続で大ハズれを引いたのでやめました。
年代特定がむずかしいメーカーですな。

KB&Bのチャーチウォーデン、私のはMP新規で短いのを製作してもらいました。
チャーチにしてはボウルが大きすぎたもので・・・
一度顔合わせをしてみたいですね。

24 :774mgさん:2007/09/08(土) 22:08:40 ID:UHy4b0Ti
FMP更新〜

…Dovercourt!!

25 :774mgさん:2007/09/09(日) 12:54:13 ID:sfr6X6CP

珍しい Frankau 名義のパイプをイスラエルからゲット。
オリフィクのくわえ部分、噛み穴が貫通、しかし5ドル弱だったので
資料には良いかと。 BBBはワカらんことが多いので。

数ドルパイプがアツい、一日1本落としてるかんじでヤバいです・・・・



26 :774mgさん:2007/09/11(火) 03:13:18 ID:sGr9L/pi
pipewolfの中の人が出品してたBBB落とせますた。
最近eBayではBBBの落札価格が高騰気味で、
ご多分に漏れずこれも結構なお値段になっちゃったけどキニシナイ!

写真で見るかぎり状態もよさげで、まるでBruyereのような赤いステインが残ってる模様。
手持ちのBBBのなかではこういう色合いのものはなかったのでいまから興味津々です。

27 :774mgさん:2007/09/11(火) 08:55:01 ID:m/Slrkq/

BBBと言えば今朝Mr.Canの落とした銀巻きは何年くらいですかね?
吸口がオリフィックぢゃなく、MPにバッジが埋め込まれてるのは
20年以降くらいかと思い、入札しなかったんですが・・・

28 :774mgさん:2007/09/11(火) 11:50:21 ID:sGr9L/pi
缶氏が落としたという物はヲチしてなかったんですが
ステムに金属のBBBロゴが埋め込まれているのは
私もそんなに古いものではないだろうと想像しています。
出現するのは第二次大戦後、50年〜60年代くらいからとか…
少なくとも今までeBayあたりに出てきた年代特定できるBBBのうち
戦前ものでロゴが埋め込まれたのはなかったですね。
ステムにロゴスタンプは結構ありましたけど。

29 :774mgさん:2007/09/11(火) 13:29:13 ID:sRboHBt2

>>28
コレ↓なんですが
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&rd=1&item=140154460386&ssPageName=STRK:MEWA:IT&ih=004

銀巻きにホールマークなしなんで年式は不明ですが、戦後まで下るとは思えないんですが・・・
私は20年代中期〜後期くらいかな? と愚考してます。
こんな値段で落ちるんなら入れとけば良かったですな。

ただBBBはWDC製とかでハズれてるんで、トラウマになってるもので・・・
イスラエルからのフランカウ到着が楽しみです。
pipewolfさんからのBBBは何年くらいのものですか?



30 :774mgさん:2007/09/11(火) 16:00:13 ID:QtlBQSul
>>29

28さんではありませんが・・・
Chris' Pipe Pages のBBB 50年代と60年代のカタログやちらしをみると
「LOOK FOR THIS GENUINE INLAID METAL EMBLEM」と書かれてますよ。

BBB English Pipe Book (195?)
 ttp://pipepages.com/bbbpb7
BBB Flyer circa 1960
 ttp://pipepages.com/bbb1.htm


31 :774mgさん:2007/09/11(火) 16:22:45 ID:qQL95AnP
関係ないですけど、 English Pipe Bookには
BBBはアルジェリアン・ブライヤーを使用し、
数ヶ月もの間"bake"して"sweated"された、
"Baked Sweet"味だと明記してありますね。
50年代のBBBも加熱系アルジェリアンだったんですな。

32 :774mgさん:2007/09/11(火) 23:31:20 ID:m/Slrkq/

>>30
となると20年代にはまだメタルバッジはなかったんでしょうか?


33 :774mgさん:2007/09/12(水) 00:36:40 ID:W44CqFkg
>>32

Jacques Cole氏によると、BBBは30年代のトップ・クォリティ・ラインに
メタル・インレイを導入したとありますので、20年代にはまだ、なかったと思います。
GBDはすでに20年代にメタル・インレイ・ロゴを採用していたようです。


34 :774mgさん:2007/09/12(水) 01:58:44 ID:qaxzrxav
>>29
30さんがリンク貼ってるChris' Pipe Pages のBBB English Pipe Book (195?) 8ページにある
Own Make "Sterling Silver"というグレードがまさにそのパイプっぽいですね。
607というシェイプナンバーもカタログにある606ビリヤードに近いですし
このカタログと年代的に近いパイプなのかもしれません。

>pipewolfさんからのBBBは何年くらいのものですか?
ttp://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=300147137280
1917年と書いてありますけどホールマークみると1915年ですよね。
さすが有名なコレクターだけあってコンディションはほぼ完璧です。
あぁ、早く届かないかなー。


>>33
戦前から金属BBBロゴの埋め込みがあった可能性が高いわけですね。
かなりのハイグレードクラスにしか使われなかったのかしら。
非常に興味深いです。

35 :774mgさん:2007/09/12(水) 23:40:51 ID:JCpBsoHU

S-Fさん、こんなのどうですか? 割れてますよ(笑)
h  ttp://cgi.ebay.com/Vintage-Alfred-Dunhill-Ltd-london-Pipe-Case-Rough_W0QQitemZ250163548609QQihZ015QQcategoryZ4119QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem


36 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/09/13(木) 00:17:00 ID:VPSIvVD3
>>35
あ〜、本当に「割れてます」ね〜。
でも、これはちょっと「割れ過ぎ」です(笑)。
それに「色気」が感じられませんね〜。
割れ方、使い古され方にも何か「色気」が無いと・・・。

でも、これ程になっていまうとやっぱり「可愛そう」というか「痛々しい」ですね〜。
元々が良いパイプだっただけに惜しまれます・・・。
黙祷・・・(笑)。

37 :774mgさん:2007/09/13(木) 09:07:32 ID:TEQhwCf8

ピータソンの銀巻きポット落とした方、おめでとうございまーす。
18ドルは安かったですね。あれは Irish Free State の筈です。
ウチのページのIFSと銀巻き刻印が完全に同じですね。
滅茶苦茶美味しいパイプであることうけあいです。
私も入れときゃ良かったかな〜。 でもポットは苦手なものでパスしました。
状態も良さげ、キレイになったら拝見したいです。

S−F賛、割れ方にもウマいマズいがあるんですねぇ。深い・・・・

38 :774mgさん:2007/09/13(木) 17:49:38 ID:QUq7HSLS
あのパイプがshellだったらひょっとして…、と思ってるのは自分だけではない筈だww

39 :774mgさん:2007/09/13(木) 21:12:19 ID:WDM+2x8l
>>37
ありがとうございま〜す
意外な結果でした。高値になるのを覚悟していたんですが…
汚い外見が敬遠されたんですかね
僕はFree State以前かと思ってBidしました
スタンプが良く見えなかったのでそう思い込みました…
へなちょこ銀巻きがついたpre-1922だと嬉しいんですが

是非Eire期やPre-Rep.の味見をして頂きたいですね
ウニみたいなピーターソン・スペシャルは是非試して欲しいなぁ…

40 :774mgさん:2007/09/15(土) 10:29:38 ID:fN04Y4la

フランカウ到着・・・
美味いです。 典型的BBB味、そしてやはりブルイエルに酷似している。
でも状態がなぁ・・MP新規で造らせようかと思案中・・・



41 :mojo:2007/09/17(月) 02:00:50 ID:RykQoTVV
ご無沙汰です。
久々にLoeweゲットしました!前から欲しかったLIVERPOOLです。
マウスピースは直線的、リップはフレアしてないナローリップ。
P.O.S.は今までに見たことがない、MADE IN ENGLAND(ストレート)でした。
Loeweにしてはやや大きめのボウルからペンシルシャンクが伸びている割には、
繊細な細いイメージは無く、戦前によくみられる丸々としたイメージを受けます。
チャンバー内の状態も良好で、以前の持ち主が大事に使用されていたようです。
ハイテンションでLOEWEと他のもの(BBBx2、Barlingsx3、GBDx3)も含め写真に収めました。

・Loewe Liverpool
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/293d&.src=ph&.view=
・BARLING'S MAKE B.MORGAN&Co(アルミフィットメント付のBARLING'S。正体不明・・・)
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/e7ed&.src=ph&.view=
・BARLING'S MAKE YOW TVF EL
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/ea20&.src=ph&.view=
・Barling's GUINEA GRAIN #2196
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/2ccc&.src=ph&.view=
・1923年 BBB(シャンクボトムに4桁シシェイプナンバーらしきものが・・・)
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/1827&.src=ph&.view=
・1920s? BBB JUNIOR(30年代と思ったら、ピンホールなので20年前後かも?)
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/e461&.src=ph&.view=
・1948年 GBD #206
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/1450&.src=ph&.view=
・1948年 GBD #9240/1
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/9b2e&.src=ph&.view=
・1930s? GBD XTRA STRAIGHT GRAIN(XTRAは30年代に存在したグレードらしいが、はたして。。。)
 ttp://photos.yahoo.co.jp/ph/cgbrown050910/lst?.dir=/14a3&.src=ph&.view=




42 :774mgさん:2007/09/17(月) 12:52:56 ID:OLJyG6+R
>>41
相変わらずすばらしいアイテム群ですね!写真の撮り方もすごくいいですし
見習いたいですホント。

自分の興味が偏ってる関係上、いきおいBBB2本に意識が集中してしまうんですが
どちらも極めて興味深いです。
Pre-Oppenheimer期でシェイプナンバー(?)付き、しかもOppenheimer期の3桁とは異なる4桁とか、
20年以前の未知のグレードとか、いままでの認識に修正を迫る貴重な資料かもしれません。



43 :774mgさん:2007/09/17(月) 14:43:50 ID:fGdNfaxO
>>42
どもどもありがとうございます。mojoです。
BBBはなかなか面白い物をゲットできました。
2本とも喫味もすばらしく、上品な甘さは健在でした。
BBB JUNIORは1935年のプライスリストでは、一番下の下位グレードでしたので、
正直期待してなかったんですが、造りも丁寧でハイグレードに負けてないと思いました。
また、1923年のBBBとテノン形状、シャンクスタンプとステムのスタンプもそっくりです。
かなり年代が近いと思います。

44 :774mgさん:2007/09/17(月) 16:39:34 ID:5s6Lqo8Z
>>41
乙であります!
大変貴重な資料になると思うので、失礼ながらYOBからアルバムをリンクさせていただきました。

Loeweのリバプール、素晴らしいですね。
まさにリバプール・シェイプのアーキタイプというか…
丸みを帯びたステムの形状や、
プラム(フレンチレッド?)カラーも非常にクラシックで、
まさに戦前のパイプという趣が十分ですね。

それとやっぱり自分としてはフィットメント付きのBarlingが気になります…。
これ、通常のパイプとは違って、テノン内側にはネジが切られてるんですよね?
Barlingはカタログによるといくつかのアルミフィットメント付きパイプをラインナップしていたようですが、
それらは特有の刻印を持っていなかったんでしょうか…
いろいろ妄想が広がります。

45 :774mgさん:2007/09/17(月) 20:49:45 ID:RykQoTVV
>>44
リンクいただきありがとうございます。

Barlingですね・・・
eBayでオチしてたら正体が分かるかと思っていましたが、まったく分からないです。
30年代に存在していたCyg-Smoker Briarsなのか?はたまたそれを継承したものなのか?
正直謎だらけです。マウスピースを見ると、そんなに古いようには感じません。
テノンの内側は綺麗にネジ切りされてます。バーリングクロスは確認できません。
また、8枚目の写真を拡大してみると分かると思いますが、アルミフィットメントの
螺旋状になった表面に放射線状に、上部から下部まで細かい彫りこみがあり、
これが機械で作成するときに出来たのか?手で掘り込んでいるのか分かりません。
スタンプは

BARLING'S
 MAKE

B.MORGAN&Co I.NEW BOND ST

とこれだけなんですよね・・・P.O.S.無し、グレード刻印無し。
それでいて、あのストレートグレインはいったい何なのか・・・

46 :774mgさん:2007/09/17(月) 21:20:37 ID:uWhvUnTD
eBay UKにてOLD PETERSONをゲト
隣の大陸の人と競り合ってしまい、意外な高値に… orz

写真を見る限りではP.O.Sが無いので、pre-Irish Free State を期待しています


47 :774mgさん:2007/09/17(月) 23:59:07 ID:O23fd7Nz

>>41
むふ〜、スンバラシイですな。初期英国の逸品は興味深いです。
BBBは30年代でも自分のところで作ってたのは、あの味なんでしょうか?
私はWDC製Own Makeとかでハズれまくったもので。
知人の戦後のBBB吸わせてもらったらけっこう美味かったこともあるので、
まだよくわからないのです。
もんぺサンも徐々に新しいほうのBBBも攻めてみては?(人任せ・・・)

今回到着したフランカウはBBB銘はなく、 Frankau's Special   Made In London England
のみという珍品。これグレード的にはBBBより落ちるんでしょうかね? 味はサイコー
なんですけどね。

>>46
ピータソン、古いヤツは高くなりがちですね。日本以外ではPマニヤけっこう
多いですね。競ったのは Shanghai Pipe Club氏 ?? このスレでももっとPは
盛り上げたいですな・・・ただピータソンは雰囲気的には英国というより、
米国のパイプに近いように感じます。ここでの不人気もそのせい?
英米両方好きな人でないと駄目かもしれないですね。

自分も無名の20世紀初期パイプ攻めまくってるんですが、必ずバッティングするのが
jamesupshallpipe氏、(エズラッチ氏)いったいアンタ、パイプ何千本持ってんだよ!(笑)



48 :774mgさん:2007/09/18(火) 07:29:04 ID:6YuDtG8l
>>47
ピーターソンを競り合ったのはdizwy88888氏です
終了4時間前くらいから競りだして… 彼はPマニアなのか不明です
記憶している限りではPマニアは米国で数名、仏国で1名です

不人気で嬉しいのは僕だけでしょうか(笑
米国のパイプを知らないのでなんとも言えませんが、独特すぎるファクトリーだと思います
pre-rep.がマアマアである事は有名ですが、明確な理由があってクオリティ・スリップが起きた訳では無いようで
マニア心を掴みにくいのかも知れません(笑
今も昔も作りは結構雑で、英国パイプのような精密な仕上げは期待できませんし
そうした意味でも不人気なのでは
あ、喫味にこれと言う特徴がないからですかね…
試して頂いても「ふぅ〜ん」と言う反応が多いですし(笑
一般受けしにくいのは肌で感じております(^^ゞ

ちなみに、jamesupshallpipe氏からピーターソンを買った事があります
bid履歴を見ると開始当初にbidされている事が多いですね

今回の獲物は、リムの欠損具合とセラーの説明不足と汚れ具合で、勝手にGBP15〜GBP25
$だと$30〜$50と見ていたのですが… 結果的にGBP31.0でした orz
まあ、ニッケル巻きにBREVET No.240395と刻印があるので高値でも欲しかったのです
ちなみに、シェイプはシステム#31ストレート(スムース)であります

49 :774mgさん:2007/09/18(火) 13:04:26 ID:gnacT2bx
>>47

私が持っている30年代と思われる BBB SUPER BARRAGE は明らかに
20年代のBBBとは違うと感じます。しかし、これ1本だけで断言は難しいです。
また、そのSUPER BARRAGEが本当に30年代かと問われると・・・
出来れば、ホールマーク付き30年代のBBBが出てきたら面白いんですが・・・

Frankau's Specialも調べてみましたが、まったくヒットしません。。。
申し訳ないので、私が参照している1935年と1965年のプライスリストを掲載しておきます。
(プライスリストはいろいろなメーカーが掲載されていて、特に1935年のリストは参考になります。)

1935年のリテール・プライス・リストの中で「ADOLPH FRANKAU & CO. (1927). LTD.,」と
ありますが、これの「1927」って、オッペンハイマーと関係ありますか?

50 :774mgさん:2007/09/18(火) 13:05:43 ID:gnacT2bx
〜続き〜
-------------------------------------------------
Date: June 1935
TOBACCO WORLD RETAIL PRICES

http://tobaccodocuments.org/nysa_ti_s1/TI54850474.p31-40.html?pattern=frankau%5Ba-z%5D%2A?p40

ADOLPH FRANKAU & CO. (1927). LTD.,
15/16, Featherstone Street, City Road, E.C.1.

BBB Best Make Ultima Thule----------------15/-
BBB Super Barrage-------------------------10/6
BBB London Dry----------------------------10/6
BBB Ultonia--------------------------------7/6
BBB Wyteway--------------------------------7/6
BBB Junior---------------------------------5/-
Rotor--------------------------------------3/6
Captain Kidd-------------------------------3/6
Frankau's Fireproofed, Sandblast-----------3/6
Frankau's Fireproofed, standard colour-----2/6
Frankau's Fireproofed, Virginian series----2/6
Gunner, Oval De Luxe-----------------------2/6
Oval De Luxe, Sprint Push------------------2/6
Fairway------------------------------------2/6
Flyweight----------------------------------2/6
Straiford----------------------------------2/-
Major Dash---------------------------------1/6
Good Luck----------------------------------1/-

-------------------------------------------------
Date: Jul 1965
RETAIL PRICES FOR TOBACCONISTS

http://tobaccodocuments.org/nysa_ti_s1/TI54850375.p31-40.html?pattern=frankau%5Ba-z%5D%2A?p32

ADOLPH FRANKAU & CO, LTD.
Leigh Cliff Buildings, Leigh Cliff Road, Leigh-on-Sea.
Tel. Southend-on-Sea 72344

PIPES each
BBB Best Make Boldergrain------70/-
BBB Best Make------------------70/-
BBB Ultonia--------------------50/-
BBB Two Star-------------------27/6
Banker-------------------------25/-
Frankau's Major Dash-----------14/6
Carlton London Made------------15/6

PIPES each
II Diamente Meerschaum Lined----42/-
Harvard Meerschaum Lined--------32/6
Pipemaker Metal Stamped---------17/6

-------------------------------------------------

51 :774mgさん:2007/09/18(火) 16:15:42 ID:00vfa4v9
 手元に、inner tubeが無いDunhill #56 Bentがあるのですが、
tubeだけ手に入れることは、やはり難しいのでしょうか?有無での違いを
試してみたいのですが。

 どなたか不要のtubeをお持ちでしたら、譲っていただけると嬉しいです
(互換性があるかどうかも知らない状態ですけれども)

52 :774mgさん:2007/09/18(火) 22:44:02 ID:N22/goMy

>>49
詳細な情報ありがとうございます。
BBBとオッペンハイマーとの関係、年代などはよくわかりませんが、
今後調査したいですね。30年代にはOwn Makeはないんですね。

会社のあとにつく年号は英国ではよく見ますが、設立された年号ばかりでなく、
継続する会社でも会社組織やオーナーが変わった時にもこの年号が変わったりするようです。
(自信ありませんが)

ロンドンだと思ってたBBBの住所が Southend on Sea (ロンドンの東約50km)
とは知りませんでした。ドイツ移民の多い港だったりしたのかも??


53 :774mgさん:2007/09/18(火) 23:12:12 ID:N22/goMy

↑ そういえばサウスエンドはカドガンでしたっけ?

54 :774mgさん:2007/09/18(火) 23:13:04 ID:EZp+JXZO
>>52
BBBの1935年の所在地はCity Road近辺ですから、Londonの中心部ですね。
Southend-on-Seaに移転したのは、Cadogan Investimentの影響力が強くなってきてからなんじゃないでしょうか。

CadoganがSouthend-on-Seaに本拠を構えるのは、1980年頃Orlikの新工場(おそらくこの当時はComoy-Orlik co. Ltd)
が完成してからだとばかり思っていましたが、それ以前にBBBがこの地に移転していたのですね。新発見。

そういえば、上記のようにBBBは生え抜きのロンドン・パイプメーカーだったにもかかわらず、
ホールマークがバーミンガム刻印だというのも謎ですね。

以前もんぺ氏とIRCで議論したときには、当時一般、銀巻き用のシルバーパーツというのは
成形・ホールマーク刻印済みのものがパイプメーカーに供給されていたようで、
(もんぺ氏がそういった刻印済みのパーツ状態のシルバーリングのみの出品を見かけたそうです)
シルバーオーナメント・パーツのみ、バーミンガムの施設で作られていたのではないか、という想像をしていました。

55 :774mgさん:2007/09/18(火) 23:17:57 ID:EZp+JXZO
追伸 >>52
>継続する会社でも会社組織やオーナーが変わった時にもこの年号が変わったりするようです。

やはりそうですか。
自分も1935年のプライスリストにある

>ADOLPH FRANKAU & CO. (1927). LTD.,

の年号が、もしかするとAF&CoがOppenheimerに買収された年ではないかという想像をしていました。
言うまでもなくAF&Coは19世紀の設立ですし、他に1927という年号の意味も思い当たらないので…。

56 :774mgさん:2007/09/19(水) 00:07:53 ID:FeFV20Yx
>>52

> 継続する会社でも会社組織やオーナーが変わった時にもこの年号が変わったりするようです。

ありがとうございます。その可能性があると云うことですね。

>>55

これ何かわかりますか?
 ttp://www.collectors-gallery.co.uk/product.php?xProd=4058&xSec=210
画像下の説明のところへ

Adolph Frankau & Company Limited, 5ス% cumulative prefeence shares of 」1, 1919, black, about very fine.
Registered 1899, manufacturers of Tobacco Pipes, Tobacconists' and other Fancy Goods. Order to wind up in 1926.

と書かれていて、
最後の「Order to wind up in 1926.」は自動翻訳かけると「1926年に段階的に縮小しなさいという命令。」と
出てきますが、何か参考になりますか?

57 :774mgさん:2007/09/19(水) 00:22:49 ID:3WMesCRD
>>56

凄いもの見つけますね…

これはおそらく、1919年発行の、AF&Co.の1ポンド累積配当(5.5%)株券でしょう。
その下のorder to wind up in 1926は、「1926年に(会社の)解散指令が出ている」というような意味だと思います。

うーん、これを見てしまうと、一度家族経営のAF&Coは1926年に解散していて、
そののちOppenheimerが1927年に再建した、という仮説が断然信憑性を帯びてきました…。

58 :774mgさん:2007/09/19(水) 00:24:18 ID:Gj7sWLRd

↑なにか「優先株」みたいなものですね。
Wind up (ワインド・アップ)は「たたむ」みたいな意味だから
なにか重大な危機が26年頃にあったのかも?
その後本格的にカドガナイズされたのでしょうかね?

しかしこーゆーのよく見つけてきますね(笑)脱帽です。

59 :774mgさん:2007/09/19(水) 00:42:55 ID:FeFV20Yx
>>57
>>58
あーよかった!
なにかの株券だと思いましたが、自動翻訳だけだと意味が分からなくて、困ってたんですw

> しかしこーゆーのよく見つけてきますね(笑)
今日たまたま見つけましたw
好調先生のFrankau's Specialをググってたら、たまたまヒットしたんです(笑)
もの凄い偶然です。

60 :774mgさん:2007/09/19(水) 02:13:49 ID:O+gXT8BE
…おぉ、いままで謎のベールに包まれていたAF&Coの情報が一夜にしてこんなに。
危機の原因はわかりませんが、とにかくこれでBBBのOppenheimer期は1927年〜ということでほぼ確定ですね。

いやはやプライスリストに株券まで、その情報収集能力に感服いたしました。

61 :774mgさん:2007/09/19(水) 02:25:54 ID:O+gXT8BE
>>49
>出来れば、ホールマーク付き30年代のBBBが出てきたら面白いんですが・・・

つい最近eBayで1938年マークのBBBが出ていました。
スタートがUS $49.95 と高かったので手を出さなかったのですが
結局Bidがなかったので再出品されるかもしれませんね。
…とはいえOppenheimerBBBに50ドルかけるのは躊躇します。
スタート下げてくれたらいいなぁ。

62 :774mgさん:2007/09/19(水) 09:34:01 ID:pSCafcg1
>>60
>>61
もんぺさんですか?
OBさんのページで紹介されていた、ブログ拝見させていただきました。開設おめでとうございます。
写真撮り大変だったと思いますが、これからも頑張ってください。楽しみにしています。
MBBには吹いちゃいましたw

あの1938-39年のBBBですね・・・
そのBBB一目見て、リプレイスメントステムではないか?と思ってしまいましたので、
私も逝きませんでした。最近、戦前物の直線的なマウスピースばかり狙っているので、
曲線的なマウスピースだとリストから外してしまうんですよ。。。

Oppenheimer期が1927年からだとすると、30年代以降のBBBは、
ますます躊躇してしまいますが、オリジナルと思しき物が出てきたら、私も参加します。

63 :774mgさん:2007/09/20(木) 00:44:31 ID:8LSKcPcl
まとめると、A.F&Coの歴史はこんな感じでしょうか。

・Frankau era (1847-1856)
1847年…A.F&Co. Ltd創立
1856年…A.Frankau 死去

・Pre-Oppenheimer era/Blumfeld era (1857-1926)
1857年…若干14才のLouis Blumfeldが後継者となる
1876年…Blumfeld's Best Briar(BBB)商標登録(パイプブランド名としては初の商標)
1926年…A.F&Co 解散

・Oppenheimer era (1927-198?)
1927年…Oppenheimerが社名を買収
19??年…Southend-On-Seaに拠点を移す(?)

・Cadogan era (1980〜現在)
198?年…Cadogan Groupに吸収され、Comoy、Orlikと同じカドガンの1ブランドとなる


64 :774mgさん:2007/09/20(木) 01:48:51 ID:gJKBNLr9
>>62
ありがとうございます。未熟者ですが自分も見てくれる方も
お互い楽しめるものができるよう頑張ります。

そういわれてみればあの1938-39年BBB、ステムだけが妙に現代的でしたね…


>>63
>1857年…若干14才のLouis Blumfeldが後継者となる
ブラムフェルドが跡を継いだのって18歳じゃありませんでしたっけ?
確か14歳はA.F&Coに入ったときの年齢ではなかったかと。

65 :774mgさん:2007/09/20(木) 10:03:04 ID:td97azuL

>>63
Jose Manuel Lopez によれば A. Frankau Co.Ltd.は1920年に
オッペンハイマに買収されたそうです。買収後26年までは
Family Era と言えるんでしょうか? (Transition かも?)

そして27年以後はアメリカのSMフランクあたりと共謀して
怪しいパイプを作らされると。

最近思うのはカドガンと言うと悪者扱いですが、放漫経営で傾いたパイプメーカー
を救っていった、と考えることも出来るのでは?
sasieni創立が1919年、ダンヒルも黄金期を迎えるこの時代にBBBは
経営能力が落ちる会社で負け組みになってしまったんでしょう。
結果として駄目パイプのメーカーに変質はしていきますが、オッペンハイマは
大勢いるパイプ職人を路頭に迷わせないための救済組織みたいな面も
あったと言えるんじゃないでしょうか?

むろんパイプ業界の寡占化の大立者であり、出来たパイプのクオリティーは
低くなるのは事実ですが。

ま、なんにしても今までBBB買うなら20年まで、
と思っていたのが26年まではOK? と思うようになりました。

このスレがコワくなってきましたね(笑)


66 :774mgさん:2007/09/20(木) 10:08:28 ID:td97azuL


↑追記
そう言へば私の試したブルイエルでBBBに酷似したキュアリングをされてるので
いちばん古いのが1919年製でした。

BBBのキュアリング担当職人がお家(BBB)のゴタゴタにからんで
ダンヒルに引き抜かれた、なんていう妄想も湧いてきますな・・・・





67 :774mgさん:2007/09/20(木) 14:27:55 ID:CUyeq8nP
ピーターソンの年式についてですが
republicの前がmade in irland、その前がfree stateで合ってますか?
またmade in englandは何時頃になるのでしょうか?


68 :774mgさん:2007/09/20(木) 15:29:04 ID:jShXrmTI
>>67
ピーターソンの年式については諸説ありますが、個人的には

設立→1915前後 刻印なし
→ 1915前後〜1922(1930前後?) made in Ireland 
→ 1922〜1938前後 Irish Free State 
→ 1937〜1941 made in Eire
→ 1941〜1948 made in Ireland
→ 1948〜現在 made in the rep. of Ireland

と認識しています

なお、ロンドンに支店と工場を所有していたとされるのが1895〜1949とされています。
ちなみに、London made, Great Britain, made in England の表記が入り混じっています
"P"の形で判断するなどしかないのが現状ですが、はっきりとは分かりません
喫味については言及できませんので、あしからず

参考にしているサイト
http://spreadsheets.google.com/pub?key=pLgeeDStLCbhxedYqvzZKFQ&output=html
そのものずばりで年表表示されています
http://thepetersonpipeproject.blogspot.com/2007/07/dating-peterons-pipes.html
刻印の形など書かれています

銀まきの場合はホールマークで特定が可能ですが、ドネガルなど一部には存在しません
グレードの問題なのか物資欠乏や業績不振などの問題か不明です
ストレート・グレインなどの高級グレード銀巻きにもホールマークのない個体がありました


69 :774mgさん:2007/09/20(木) 16:16:35 ID:AiO2ICoQ
>>68
オオ、早速有り難うございました!

70 :774mgさん:2007/09/20(木) 20:05:37 ID:td97azuL

>>68
またまた凄い情報に脱帽
これ見るとPシステムのパテントは1910年に期限切れ、で良いんでしょうか?
WDCウエリントンなどは1890年代末からPシステムですから、単にパクったのか、
ちゃんと特許料を払っていたのか・・・?

ほかにもいっぱいあるPシステムの多くは1910以後なんでしょうな。



71 :774mgさん:2007/09/20(木) 20:41:00 ID:jShXrmTI
>>70
Pシステムの特許の最終は1949年です
No.12393 パテント・システム1949年を所有しています。P.O.Sはmade in Ireland です
パテントについて詳しい事はまだ調べていません

>>68の一部訂正 誤)1941〜1948 made in Ireland 正)1941〜1949 made in Ireland です



72 :774mgさん:2007/09/20(木) 20:54:55 ID:jShXrmTI
ピーターソンの話題のついでに(汗
どちらも made in England です。恐らく共和国創設直前期かと思われます
誰も良く知らない謎のピーターソン

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=190154668734&ssPageName=ADME:B:SS:US:1

http://www.smokershaven.com/index.asp?PageAction=VIEWPROD&ProdID=4643

連投失礼

73 :774mgさん:2007/09/22(土) 00:09:17 ID:rQP2ASDW

ピータソンの話題になるとスレが止まるようで悲しいですな。
アメリカン・パイプへの入り口ととらえて一度Pを吸ってみるのも一興かと。
Pリップでないやつもけっこう出てますから・・・

74 :774mgさん:2007/09/22(土) 16:57:26 ID:1VISqMJh
自分も、パイプを覚えてから初めて自腹で買ったパイプがピーターソンでした。
ebayはおろか、海外通販も知りませんでしたから、国内の喫煙具店で304スタンダードシステムを購入しました。

その無骨で伝統を固守した風格、合理的なPシステム、そしてぶら下げて吸うには格好のPリップと、
当初はかなりお気に入りで、そのあとも結構な数の現行品を購入して現在もまだ数本持っています。

まあモダンハンドメイドやビンテージを吸いまくった今となっては、
手持ちの現行品の評価はボロボロになってしまいましたが、
当時感じたピーターソンならではの魅力は、自分の中で少しも薄れてはいません。
好調先生がサイトで指摘している、
「ピーターソンはドイツ系」
「アメリカン・パイプに近い血族なのではないか」
「Pリップはオリフィックの変形なのではないか」
「ピーターソン・システムは木が良ければ(Drinklessと同じく)秀逸なシステムたりえる」
などの点も、今ではいちいち頷ける気がします。

とりあえずPre-Republicでありさえすれば、極上の当たりに出会うか否かはさておくとして
現行のようなブライヤの質の低いパイプはあり得ないみたいですから、
ちょっとmade in Englandやmade in Irelandモノあたりにちょっかいを出してみようかと思います。
自分はP-Lipは嫌いではない(というより現行のノーマル・モールドステムのほうがひどい出来w)ので、
あの独特なシェイプの、アーミーマウント・システム系が1本欲しいですね。

http://homepage2.nifty.com/TRINITYSCHOOL/clubpipe80.htm

↑このくらいのブツにめぐり合えれば素晴らしいんですが無理ぽw

75 :774mgさん:2007/09/22(土) 21:38:29 ID:rQP2ASDW

ピータソンは英国勢に比して大雑把なつくり、茫洋としたモデル展開、キュアリングなし、
というところが英国よりはアメリカ的と感じる所以。
しかし強烈な存在感と個性を全てのピーターソンが具えているように
思い、それが魅力になっています。あまたあるPのニセモノもやはり本物を
超えられない。

英国の圧制にあえぎ、貧しい土地であるアイルランドの風土が
作ったパイプと言えましょう。なにか精神の自由、独立自尊の風を
感じてしまうのです。喫味、エンジニアリングだけでは語れないのが
パイプである、という自分にしては珍しい理由で好きなブランドです。

英国パイプ中心のこのスレで、Pはいまいち興味を持てない人が多い、
と言うのは逆に面白いですね。皆さん無意識にPの強烈な存在感を
認めているのだ、と感じられます。



76 :774mgさん:2007/09/22(土) 23:11:30 ID:DPkzj0IX
ピーターソンはキュアリングしていない・・というキュアリングとは
どういうキュアリングを指すのでしょうか?
つまり、エボーションを輸入後、逐次そのまま製品化していたという
ことでしょうか?

77 :774mgさん:2007/09/23(日) 00:19:01 ID:WxZGgkSe

>>76
すいません、私の勝手な定義ですが;
オイルキュアなどの意図的な手段(多くは加熱を含む)でブライヤの
アク抜きを行なうことをキュアリングと言っています。

ブライヤ伐採後の煮沸などは含みません。

私の見るところ、キュアリングを洗練させていったのは
ほとんどが英国勢です。アメリカのパイプはおおむね
キュアリングがされないようで、これを勝手に「生」とか「生味」
と呼んでいます。

kaywoodie などの初期アメリカンパイプは同年代ピーターソンと酷似した味
ですから「ノンキュアリング」=「生」だと考えています。

むろん私の勝手な想像ですが、多くのパイプを吸い、できるだけの文献・ネット情報
にもあたった上での結論なので、多少の自信はあります。

木の質が良かった戦前までは「生」でもじゅうぶん美味い、あるいは
「生」ならではの味わいがある、と言えると思います。
私見ですがピータソンは30年代初頭くらいまでのものが特に美味しいと思っています。

キュアリングのなんたるか、を最も端的に味わえるのはコモイ、そしてサシエニの
ラスティック&ブラスト系だと思います。少しクドいくらいのキュアリングです。


78 :774mgさん:2007/09/23(日) 22:22:37 ID:Mi8fPnT6
有り難うございますm(__)m

>ブライヤ伐採後の煮沸・・・これは各産地で同様の作業が行われていた
のでしょうか? この辺の一次的作業の記録ってのは皆無かもですね。
思うに、伐採後の煮沸というのはけっこう重要だと思うんですよ。
フランスはとやかく言いやすかったアルジェリアで、現地で出来ることを
徹底させ輸入後即製品化できるようにしていたとも思えます。 
戦後のアメリカも同様かも?


79 :774mgさん:2007/09/23(日) 23:10:06 ID:WxZGgkSe

↑ 以下、私見ですが・・

アメリカは大量生産の国ですからね。あとはカネにまかせて上質な木を
買い占めてます。英国勢がキュアリングに走らざるを得なかったのは、若干劣る
木質を使いながらも、アメリカに対抗する、アメリカ輸出で売るため、
という理由が大きかったと思います。

英国パイプをかくあらしめたのは、英国以外のパイプの存在があってこそ、
と思います。

煮沸っていうのは殺菌・消毒・防虫という意味もあったんでしょうかね?
煮沸しないとバーリングみたいな長期放置のエアキュアなんて出来ないんでしょうね。

戦後のアメリカっていうのは、まあ戦前からそうですけど、
フランス、イタリアで下請けで作らせてたのが多いですね。
駄パイプはかなりの割合でそうだと思います。

いっぽう、どうも英国には昔から桁違いに大きいパイプメーカーっていうのがないように
思います。 世界最大の生産量を誇ったイタリアのRossiや,一群のサンクロードのパイプメーカーの
生産量からすればよほど少なかったんではないか?

英国ポンドは最強の通貨だったから安物はさらに安く海外から輸入出来るし、
逆に英国からは輸出しにくいので量産品を作る意味なし、
ということがあったように思います。もともとある程度以上の高級品
を作らざるを得ないところで、凝ったキュアリングなどが付加価値創出
のために隆盛したんだと思います。

20世紀初頭以後の各国の為替交換レートの推移など調べてみたいですな。

80 :774mgさん:2007/09/27(木) 06:46:10 ID:UooWFUXG
スレ違いかと思いますが、質問させてください。
このパイプは何でしょう?
http://cgi.ebay.com/MOST-UNUSUAL-DUNHILL-PIPE-IN-CALF-SKIN-POUCH-QUALITY_W0QQitemZ190155833333QQihZ009QQcategoryZ596QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem


81 :774mgさん:2007/09/27(木) 09:12:36 ID:THhjR89w
子供の頃絵本でみた覚えがある。。。

その絵本ではシガーホルダーの様に使われてたと思うんだけど、違うかな。

82 :774mgさん:2007/09/27(木) 10:25:53 ID:cPApElvW
>>80
http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=GB377012&F=0&QPN=GB377012

自分も初めて見ましたが、シガレットホルダーだそうです。
1931年に特許申請がなされていてナンバーが刻印されているので、
おそらく戦前のものじゃないですかね。

83 :774mgさん:2007/09/28(金) 02:48:41 ID:TrQgtAS1
>>81 >>82
thanx!

煙草を美味しく吸う、上手く吸う、ための努力でしょうか?
感心します。


84 :774mgさん:2007/09/28(金) 08:56:20 ID:wrn9djYy

パイプのパテントっていうものはほぼ戦前に出尽くしてるんじゃないでしょうか?
発明狂時代というか、ユニークなものがあって面白いですね。
特にジュースの処理と煙を冷やす為には奇抜なアイデアが目白押しで、この方面では
アメリカとフランスが先頭のように思います。
実際に製品化された Drinkless などは氷山の一角ですから。

第一次大戦の前後に急速に紙巻タバコが普及するにあたり、パイプメーカーの危機感
のようなものが各種の特許となって噴出したのではないか?
ジュースとか煙の温度など、ベテラン・スモーカーにとっては無問題ですが
初心者にとっては面倒です。多くの若者がパイプではなく、シガレットから
喫煙を始めることへの対策、という意味もあったのでしょう。

このアイスクリーム・スクープのようなシガーホルダーはちょっと違った観点
からの特許でしょう。洒落、ということが一番のように思います。
夜会において目立ち、御婦人がたの気を引く、というような面が大きい
のでは? そういうことを真面目に特許を取って、製品化した、
というところにこの時代の英国文化の面白さを見ます。


85 :774mgさん:2007/09/28(金) 11:19:25 ID:0pP4qA5h
>■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
>このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
>日経225先物オプション実況スレ1207 [市況1]
>日経225先物オプション実況スレ1212 [市況1]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>日経225先物オプション実況スレ1211 [市況1]
>★脱洗脳・天才脳機能学者★苫米地英人8 [癒し]


>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]
>原始佛教 その26 [仏教] [心と宗教]

だれだ?こんなの見てるのはwwwww


86 :774mgさん:2007/09/28(金) 13:57:31 ID:zoyQjdoP
あのガイキチでしょう。

87 :774mgさん:2007/09/30(日) 05:46:07 ID:xtxCIRPd
>>81

どんな絵本か、そっちの方が気になる

88 :774mgさん:2007/10/02(火) 00:40:43 ID:yPQEYjaZ
就寝前に一服〜。

最近ストレート・キャベンディッシュ物(Butera sweet cavendish, Iwan Ries BCAなど)を
Barlingで吸うという荒業にハマってます(笑
あのコテコテに甘い煙草が、Barlingだと意外にスッキリとして、煙草感も出るのが不思議。

やっぱり着香物もいいパイプで吸うと美味いですね。
大事なビンテージに着香を入れるのを敬遠する人もいるみたいですが、
香りはA/Rすればいつでも脱臭できるのでオススメ

89 :774mgさん:2007/10/02(火) 00:46:35 ID:yPQEYjaZ
あとebayにDuke St.スタンプ(1919年以前)のダンヒルが出てますね
状態もいいんでこれは…な値段になると思われますが。

それとBarlingのunsmokedのオールブライヤー・パイプも。
ワンピースではなく、ステムが別にブライヤーで作られているというもの。
オリフィックのボタンから1910-20ぐらいの物だと思われます。
サンクロードのメーカーのものは見たことがあったんですが、
英国でもこんなオールブライヤーパイプが作られてたんですねえ。

90 :774mgさん:2007/10/02(火) 16:13:22 ID:t4nOV53U
>>88
そいえばcherrywoodとか120とかどうなりました?
結局ナンボくらいになったのでしょう?

91 :774mgさん:2007/10/02(火) 18:18:54 ID:AUkngvEn
>>90
結局300ドル超えてましたw
やっぱ見る人は見てますね。

92 :774mgさん:2007/10/02(火) 22:24:47 ID:GidOHDYR
しかし、なんですねぇ、YouTubeでPipe Smokingなんて入れて見てると
平気でターボライターは使うわ、リムの焦げはあたりまえの風情だわ、
パイプはデカイわ・・むっちゃニコチン耐性強そうで、自分がひ弱に
思えます〜w

93 :774mgさん:2007/10/03(水) 02:19:48 ID:auQsBlGj
>>92
スレ違いな話題ですが。

あのyoutubeの動画は、ゲイ・コミュニティの人々が自身の魅力をアピールするために
アップしてるそうなので、彼らが本当のパイプスモーカーかどうかは怪しいみたいですよ。

フランク・メソッドで使用されるターボライターに関して、あちらでも結構な拒否反応があったほどだから、
アメリカのシリアスなスモーカーがああいった吸いかたをしてるとは思わないほうがいいでしょう。
estateパイプを数多く見ている限り、チャンバーをバーンアウトさせるような吸い方をする人は
そんなにいない/いなかったのではないかとおも思います。
(アメリカのスモーカーに関して言えば、吸い方よりも
ボウルトップを灰皿に叩きつけるノッキングの悪癖のほうを責めるべきでしょう)

ま、パイプにダメージを与えない限り吸い方なんてどんなものでもいいとは思うんですが、
一つの例として、ちゃんとスロースモーキングしているボウルのアップの動画なんか、
Youtubeにひとつくらいあってもいいとは思いますが。

94 :shell-freak"sftfsftf:2007/10/04(木) 02:21:14 ID:sMCmn/E9
ありゃ〜、double patentのshell 127が$160.51・・・。

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&rd=1&item=180163682258&ssPageName=STRK:MEWA:IT&ih=008

最近、増えすぎたパイプを見渡してあんまり増えないようにと自制していたのですが
コイツは是非とも欲しいと狙いをつけておりました。
patent tanshellの127は持っていますし、patent shellの127もあるにはあるのですが
以前にもカキコしたように何故かちょっと小さかったんです。
普段使いには結構重宝していたのですが、二本並べてみてもどうも「同形」とは思えない程で・・・。

それ程クラッギーなshellではありませんが、程度は上々、何といっても「ダブ・パテ」ですから
$200は超えると思ってました。
例によって、直前に「ハンド・スナイプ」したのですが・・・。
以外というか、表紙抜けする程お安く落札できました。
ほとんど60年代のshellと同じ落札価格ですね〜。
こういう事があるから、ebayはやめられないんですね〜。
ちなみに、「ハンド・スナイプ」で突っ込んだ価格は$288.55でした。

到着して、忘れなければレポさせていただきます。

95 :774mgさん:2007/10/04(木) 07:04:01 ID:2XkH7+cc
>>94
おお、おめでとうございます!!
これは安いですね〜。状態もそこそこよさげな感じですし。

たまーに、DUNHILLって安い時があるんですよね。
自分もそんな時に買いました。バケーション前後とか
向こうのセラーさんがたが気を抜いた時が狙い目みたいですね。


ところで久しぶりにYello-Bole Double Carburetorが出ましたね。
ただNo Paypalらしいのでうかつに買わないようにして下さい。

アメリカパイプの話題なんてすっかり出て来ませんが、どなたか
何か面白い話しとか、集め始めましたとかそんな人が出て来ないかと
待っているのですが。どうですか?

96 :774mgさん:2007/10/04(木) 08:13:38 ID:/b43UJFu
>>94
オメー
実はこの物件ともう一件超初期パテントのベントどっちにするか迷ってまして、
結局超初期パテントに張ったんですが、負けますた…つーか自動スナイプ
が作動する前に既に価格が設定を上回り、入札さえ出来てなかったYO!or2

どっちにするにせよ準備していたのが$288.88だったので、ダブルパテント
127を選んでいたらと思うと…

97 :774mgさん:2007/10/04(木) 11:26:36 ID:5oNOdEQc
>>95
SA 時の Carburetor の空気孔対策でオヌヌメございませんか。

先般落札したプロペラロゴな y-b、出品時に Carburetor の文言がなかったので、
届いてびつくりしており、初 Carburetor ですがなんら対策を練っていなかったので
少々困っています。

98 :774mgさん:2007/10/04(木) 11:31:06 ID:y0YUfyvq
>>94
127ゲッツオメー

あのダブルパテントは、まさに127!といった感じのシェイプで
とてもカワイイパイプでしたね。

99 :774mgさん:2007/10/04(木) 16:35:17 ID:2XkH7+cc
>>97
おお、プロペラロゴのCarburetorとは。おめでとうございます。
そう、オムツしないと漏れるんだよね。あれ。

自分は外側からモールの端(針金)をギュギュっと押し込んで
S/Aしておりますが、そんなのでも意外となんとかなるものです。
爪楊枝とかでもイケるんじゃないかな?ま、何かで栓さえしてまえば
おk、って感じで。

あとはキャブレター周辺にカーボンが溜まってると掃除が厄介ですが
それは気合いでカバーしかなさそうなのでwwがんがって下さい。

100 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/10/04(木) 17:09:14 ID:sMCmn/E9
>>96
チョッwww!、$288.88って・・・(笑)。

それって、何かとっても危なかったっていう気がするんですけど・・・(笑)。
でも、その寸前で自分の処にやって来ることになったって事は、何かしらの「縁」があったんでしょうね〜。
大事に可愛がらせていただきます〜(笑)。




502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)