2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その90

9 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 20:18:32 ID:OftwzmIG0
フランス映画「ラ・ジュテ」

未来、第三次大戦後、
戦争の勝者側は荒野となってしまった「現在」の救済策として「過去・未来」に助けを求めようと、
敗者側の奴隷を実験台としてタイムトラベルの開発をしていた。
実験台にされた奴隷はみな死んだり気が狂ったりの失敗であったが、
ある奴隷(=主人公)、少年時代の記憶を強く持っていた主人公だけはトラベルに成功する。
少年時代の強い記憶とはまだ平和だったむかし、家族と一緒に遊びに行った空港の送迎台で見た、
美しい女性とその女性が悲しげに見つめていた倒れる男性の姿であった。

「過去」への何度かのトラベルを繰り返すうちに、思い出の女性と出会い交際し愛し合うようになった主人公。
しかし今度は「未来」へ飛び「未来」から「現在」のための物質を持ち帰るよう指示される。
主人公はその役目を無事こなし「現在」へ戻るが、
「未来」を知った男は既に「現在」において抹殺対象者となって拘束されてしまう。

主人公が拘束の日々を送っていると「未来」で知り合った人間が「未来」から助けに来てくれた。
「未来」で暮らそうと誘われるが、
どうしても「過去」の女性を忘れられない主人公は未来人に頼んで「過去」へ飛ばしてもらう。

「過去」へ飛んだ主人公は、彼女がいる空港の送迎台に向かった。
果たしてそこに彼女はいたが、同時に「現在」から来た暗殺者も待っていた。
「ああ、あのむかし見た倒れる男性は自分だったのだ」と思いながら主人公は撃ち殺される。終

366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)