2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その90

75 :1/3:2008/07/24(木) 22:14:09 ID:pocjktMD0
ぼくらのっていう漫画から派生した「ぼくらのオルタナティブ」というラノベ。

臨海学校にやってきた14人の小中学生たちは、
マーヤと名乗る謎の少女に誘われるまま巨大ロボットの操縦者になるという契約をする。
真面目に取りあっていなかった子供たちだが、現実の存在として
全長500メートルものロボットが現れ、そして同じぐらいのサイズの怪獣まで出現してしまう。
夢か現実か疑い、恐れながらもはりきってロボットを操縦して怪獣倒しに励む子供たち。
だが、巨大なロボットは一回操縦するごとに一人の契約者の魂を燃料として奪うのだった。
不定期的に怪獣が現れるたびに、子供たちは戦い、一人ずつ減っていく。
戦いを避けることはできず、48時間以内に決着をつけないとこの世界ごと滅びるのだという。

お約束な設定だが、実は戦いの相手である怪獣もまたロボットであり、
その操縦者は並行世界の人間。このロボット戦は、広がりすぎた並行世界の
分岐を絶ちあうためのものだった。勝利条件は「怪獣を倒すこと」だと思われていたが、
実は、敵ロボットの操縦者を殺すことであり、子供たちはただ死ぬだけではなく、
殺人者として死んでいかなければならなかった。
この舞台となっている世界は以下、A世界と呼ぶ。

戦いの補佐役には「コエムシ」という謎の物体(マスコットキャラのような風貌)がついている。
ロボットへの乗り降りはコエムシの持つ、テレポート能力により行われているのだが、
マーヤはその能力を使わせて各地に赴いては暗躍していた。
謎の巨大ロボットが頻繁に出現しているために各国から日本は危険視されていたのだが、
マーヤの暗躍によってその向きは余計に強まり、日本は世界の中で危うい立場になっていく。

実はマーヤは、以前にすべてのロボット戦を勝ち抜いて、
存命が確定された並行世界(B世界)からやってきたのだった。
B世界は存続こそしたものの、とても人間の住めるような環境ではなくなっていた。
ロボットを巡ってB世界の人間同士で戦争が起き、核に汚染されてしまったためだ。
奇跡的に生き残れたのはマーヤを含めた、わずかなものだった。

366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)