2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その90

1 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:24:17 ID:OftwzmIG0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-5あたり参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ:後味の悪い話 その89
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1215588701/

過去ログはこちらからどうぞ。
「後味の悪い話 まとめサイト」
http://badaftertaste.web.fc2.com/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:25:13 ID:OftwzmIG0
ネタの書き込みの悪い例
-----------------------------------------------

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:25:57 ID:OftwzmIG0
ネタの書き込みの良い例
-----------------------------------------------

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。
呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:27:32 ID:r9qsl9V60
>>1乙です

5 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:29:38 ID:q1t8jv+U0
>>1
乙! なのだわ。

6 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:31:19 ID:ysXpFpL+0
>>1
(・∀・)乙!

7 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 19:57:30 ID:HI8CKQ5E0
創作ネタはこのスレでは嫌われるので創作ネタは↓でどうぞ

怖いと感じたゲームやマンガやアニメ 第15話
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1207651514/


8 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 20:01:43 ID:MGQunxhY0
そうか、もう夏休みか。

9 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 20:18:32 ID:OftwzmIG0
フランス映画「ラ・ジュテ」

未来、第三次大戦後、
戦争の勝者側は荒野となってしまった「現在」の救済策として「過去・未来」に助けを求めようと、
敗者側の奴隷を実験台としてタイムトラベルの開発をしていた。
実験台にされた奴隷はみな死んだり気が狂ったりの失敗であったが、
ある奴隷(=主人公)、少年時代の記憶を強く持っていた主人公だけはトラベルに成功する。
少年時代の強い記憶とはまだ平和だったむかし、家族と一緒に遊びに行った空港の送迎台で見た、
美しい女性とその女性が悲しげに見つめていた倒れる男性の姿であった。

「過去」への何度かのトラベルを繰り返すうちに、思い出の女性と出会い交際し愛し合うようになった主人公。
しかし今度は「未来」へ飛び「未来」から「現在」のための物質を持ち帰るよう指示される。
主人公はその役目を無事こなし「現在」へ戻るが、
「未来」を知った男は既に「現在」において抹殺対象者となって拘束されてしまう。

主人公が拘束の日々を送っていると「未来」で知り合った人間が「未来」から助けに来てくれた。
「未来」で暮らそうと誘われるが、
どうしても「過去」の女性を忘れられない主人公は未来人に頼んで「過去」へ飛ばしてもらう。

「過去」へ飛んだ主人公は、彼女がいる空港の送迎台に向かった。
果たしてそこに彼女はいたが、同時に「現在」から来た暗殺者も待っていた。
「ああ、あのむかし見た倒れる男性は自分だったのだ」と思いながら主人公は撃ち殺される。終

10 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 20:24:22 ID:qQTVdivr0
前スレ終わってから書き込みなよ

自分の書き込みを少しでも長く残しておきたいからって…

11 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 21:07:57 ID:Fzw0JTOc0
創作系だからな。

12 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 21:11:31 ID:ABAwfwlJ0
創作がダメなら小説ネタも書けなくなるな

13 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 21:26:20 ID:yOSA9WVR0
>>7
怖いと後味悪いは違うよ〜。

全然怖くないけど後味悪い話はどうすんのよ?

14 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 21:47:02 ID:BO5ZnkFW0
>>11
「作り話」って言わなくなったんだねw

15 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 21:57:07 ID:FJdxXuDc0
小説「傷ついたのは誰の心」

新婚2年目の夏、家に帰ると妻が警官に犯されていた。
やめるよう説得するが、やめてくれない。
「こんなの見ていられない」と言うと「じゃあカミソリを持ってきてください」と言われ
持ってくると警官に右目の眼球を水平に切られてしまう。
妻と警官の性交が終わり妻に話を聞くと「期待していたので強姦ではないが思ってたより良くなかった」と言う。
その後、交番で事情聴取の必要があるからと交番に連れて行かれた私は
自分の立場がとても悪いことを知らされる。
「どうすれば助けてもらえるか」と聞いたら警官は「わたしを愛しなさい」と服を脱ぎだした。
驚いて「それは出来ない」と言うと警官は悲しそうな顔で私を撃ち殺した。終

16 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 22:17:20 ID:+O8CXF5o0
いやー理不尽

17 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 22:31:25 ID:IIiLMC1s0
読者の心ですね

18 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 23:40:42 ID:puHiGAld0
>>15
筒井氏の作品だよね。
後味というよりは>16が言うように理不尽なだけかな。
尤も筒井氏の短編作風は大抵そういうもんだけど(´∀`)

筒井作品を漫画化した冊子では蛭子氏が描いてた。
妙に内容と絵がマッチしてて笑ったよ。

19 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 23:52:58 ID:MGQunxhY0
>>18
なんか筒井みたい と思ったら筒井の作品なのか。

>>15読んでたら久しぶりに実家に里帰りしたら、駅員やご近所さん、
親から虐待受ける理不尽きわまりない話を思い出した。
あれも確か筒井だったと思う。
意味不明すぎてわけわからんかった。

20 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:19:50 ID:WbL8NmbRO
>>9
12モンキーズ?

21 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:35:20 ID:Ei3fl8i90
>>19
『乗越駅の刑罰』かな。
ガタイのデカい駅員と初老の駅員、実弟、と池沼みたいな連中にいたぶられて、
灼熱の猫スープ食わされるやつ。
意味なんかなく、ただただ後味&理不尽の名作と思う。
まとめたいんだけど、気力が無いよ(;´Д`)

22 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:35:23 ID:0QcC/23G0
>>19
「乗り越し駅の刑罰」だろうか。文庫「懲戒の部屋」収録。

寝過ごしたか何かで実家の近くへ来た作家。
乗り越しのため料金不足だったが駅員がいないしそのまま出て行こうとするが、
そこに駅員が戻ってきて呼び止められる。
料金不足を問い詰められ、無賃乗車未遂となじられ、
金を払うと言えば「金さえ払えば解決すると思ってんのか」と言われ、
袖の下を渡しても受け取るだけ受け取って「こんな汚い金云々」
ああ言えばこう言う。
親に連絡されて母親と弟がやって来るが、これも駅員と似た感じで
ああ言えばこう言うで、作家をなじりたおす。
買い物はカードでするから現金は持ち歩かない、と言った作家に弟マジギレ。
作家をボコボコに殴る蹴る。
そこに駅長がやってきて、子猫を(毛皮ごと)煮込んだスープを鍋ごと持ってきて、
弟に殴られて倒れている作家の口に流し込む。
口も喉も焼け爛れる作家。
そこに電車が到着して親猫がやって来た「うちの子供たちを知らないか」という。
駅員、駅長、母親、弟が作家を指差し「こいつが食いました」

本文はここで終わっていて、作家の命がどうなったかは読者の想像に委ねられる。

23 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:38:12 ID:Ei3fl8i90
>>22
まとめアリガト(´∀`)ノ感謝

24 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 01:02:16 ID:FDM5WyRL0
>>21
>灼熱の猫スープ
はいこれだ!
何年も前に読んだからうろだったけど、
ここだけは忘れられん。

>>22
落ちこんなだったのか…
途中がインパクト強すぎてラストが全く記憶にない。

25 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 08:42:51 ID:UKNavWuO0
>>20
12モンキーズの元ネタやね

26 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 12:48:03 ID:+cstHGJU0
前スレの貧血した女子高生の話だけど。
おばちゃんは確かにウザイが。
女子高生もきちんと言うべきだと思った。
相手がずうずうしいからといって正当な権利を持つ者が引く必要は無い。
言葉と言うものはそれがなければ意思疎通が困難な為に存在する。
表情やしぐさだけで伝わって欲しいというのは悪習に過ぎない。
女子高生という未成年な人間には酷だけども、
あれほどの状態ならばきちんと主張できるようになって欲しいと思う。

主張すべき処で主張できる事ってのは正義だよ。
後味スレとは言っても実話っぽいので一応。


27 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 12:50:34 ID:x9HMpPtU0
べつにいーじゃん
黙って我慢して倒れれば
周りの男が心配してくれて&体の弱いアタシをアピール&ババアは晒し上げで一石三鳥

28 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 13:01:31 ID:ZtL8tVrL0
前お女 までは読んだ

29 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 13:04:14 ID:AqcWf82x0
>>27みたいのが一番痛い

30 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 13:20:12 ID:8CKFemFf0
だーからあの手の話しは生活板でやれってんだよ
真面目ぶって説教始める馬鹿がでるから 特にこういうチュプの時間帯

31 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 13:51:50 ID:7S0/m9Ja0
篠田節子の短編『幻の穀物危機』

主人公は一家で関東近郊のペンション地区に移り住み、パン屋と喫茶店を営んでいた。その主人公の知人で、都会の食料流通も危機につい
ていつも訴えている男がいたが、主人公も周囲の人間も変わり者だと思って深刻に受け止めていなかった。
そんなある日、東京で、大震災が起こって、都会から食料を求める人たちが主人公たちの町に押し寄せてきた。
略奪が横行する中、自分たちの食料を守るため、町では自警団を結成する。その自警団は場合によっては人殺しもいとわないため、主人公は
参加をためらうが、妻は食料を確保するため自警団に参加する。妻は竹槍を血に染めて略奪犯を撃退、その報酬がわりに手に入りにくい食料
が一家にもたらされていた。
 主人公は妻が人を殺してもってくる食料が食べられなくなり、庭にある葛の葉をみて葛を食べることを思いつく。他の食べものを食べず葛を食べ
た主人公は、だんだん衰弱していった。







32 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 14:38:07 ID:+cstHGJU0
俺は>>27の話もなるほどと思いました。女性っぽく面白いです。

さて、既出臭いですがジンバブエの話をします。
大まかですので間違っていたら愛嬌及び訂正でお願いします。

現在、年間でのインフレ率が220万%と言われている
ジンバブエという国があります。

この国は第一次世界大戦後、
黒人が住んでいた処でしたがイギリスに植民地にされ、
その際黒人が持っていた土地は白人に奪われました。

1980年ごろに事実上自他共に認められるジンバブエ共和国が設立され
1987年からはロバート・ムガベという大統領が現在まで引き続き大統領をしております。

このムガベ大統領は「白人の土地を黒人に返す」政策をというのを行っており。
この政策はイギリス政府も了承しており、支援金を出し
ジンバブエはその支援金も合わせて白人から土地を相場で買い取り
黒人に無償で提供していました。

しかし、元々農耕技術が未熟だった黒人達、
いきなり土地を与えられても白人のように大量生産はできず
自分達が食べる分程度しか生産できません、ジンバブエ経済は傾いていきました。


33 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 14:42:09 ID:+cstHGJU0
そこでムガベ大統領は
「白人の土地を無償で黒人に引き渡す」政策を強行しました。
これに怒ったイギリス政府は支援金を送るのを止め、
多くの白人達は外国へ逃亡しました。

支援金を送るのを止められ、更に黒人達が土地を有効活用できない為に
ジンバブエ経済は大きく下降して行き、インフレをしだしました。
更にこの時期に「土地を無償で与えていたのは政府の親類関係者にだけだ」
とマスコミが暴露しだしました。

その為ムガペ大統領は政策や行動の失敗を責められるのを恐れ、
土地を持つ白人を、黒人が恨み、襲うように扇動し、資金援助し。
民族闘争へと発展させていきました(実際に白人が暴徒に何人か虐殺されています)。

そんな事をやっても経済が良くなるわけは無く、
生産が壊滅的で経済も成り立たず物資不足に悩まされた為に、
「物資があるところは物資を出せ」法を作りました。
その為、本来保存されるべきであるはずの物資まで流出し
物資不足は更に深刻なものになり、国は飢餓となり
値段の高騰は凄まじい勢いになって行きました。

ムガベ大統領は値段の高騰に対応する為に
「物を安値で売らなければいけない」法を作りました。
しかし経費を遥かに下回る値段で商品を出さなければいけなくなった為
多くの会社が次々と倒産していき、街には多くの失業者が溢れ出していきました。

そして去年の夏2007年8月には
「国内の外資系企業の株の過半数をジンバブエの黒人に譲渡する」法案が
国会に提出され9月に通過しました。

この為ジンバブエは決定的な破滅を迎えるといわれています。


34 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 14:49:46 ID:YcQr/fQR0
>>32
単にアンカーミスだったら申し訳ないが、
>>27が女性っぽく面白いってそれ女の意見だと思ってんの?
俺には男女厨的な奴が女を煽ってるように取ったけど

35 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 14:54:30 ID:+CDBNduz0
>34
さあどっちだろうねえw

36 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 14:58:09 ID:+CDBNduz0
ジンバブエってと東京ラブストーリー思い出すな

37 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:01:39 ID:I86KySFj0
>>30
作り話(笑)は禁止
生活系の実話は禁止

アタイ、どうすればいいのさ

38 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:07:37 ID:+CDBNduz0
どっかの板に「家に精神障害者がいるひと」ってスレがあったから面白半分に見に行ったら後悔した

39 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:37:06 ID:A7GzBSvF0
【1087】家の中にストーカーがいます
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html

40 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:45:45 ID:+CDBNduz0
違うw見つけたからコピペ つーかネタ扱いして荒らす気にもならない雰囲気のスレ
***************
私の兄弟が等質なの苦にして、母が自殺。父は元からいない。

その後、兄弟と2人暮らしになった。
お葬式とその後のことが済んだ後さ、等質が私に食事出せって言ったんだ。
なんで私がお前に食事を与えたり、そもそもお前の食費負担すると思うの。
誰のせいでお母さんは死んだのって言ったら、騒ぐ騒ぐ。

そんなの相手してるほど暇じゃないし、食べるものは自分の年金で
買えばいい。それでも家においてやって光熱費まで出してるんだから、
あんたは何も偉いことはないし、私の世話になってるんだから
私に毎日頭下げて暮らすのが当たり前なんだよと毎日、毎日、毎日
言い聞かせること三ヶ月。

幻聴や幻覚、近所が監視云々の話を始めたら「あんたの妄想以外の
何者でもない!基地外はお前一人じゃ!その話は聞かない!」と必ず言い聞かせた。

そしたらある日、私が帰ってくるまで待って「首を吊る!」って騒ぐ。

ほんとに吊る気あるなら、私に構ってもらおうとか甘えられても
相手する筋合いに無いから、いますぐ吊れ。といったら
外へ賭けだしたから放置。
近所で迷惑を掛けたので、引きずっていって土下座させて謝らせた。
家でまた暴れた。

ある日、首を吊ると騒いだから、私に甘えて構ってちゃんなんだね、
うんよく分かった。じゃあ吊りなさいと言ったら首を吊った。

動かなくなって一時間ほど待ってから警察呼んだ。

私は人の心は失ったが、生活は取り戻しました。

41 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:47:27 ID:a+uE7BLN0
男女厨ってなにw

42 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:53:21 ID:F4E4Yua70
ハリーポッターより

ハリーは赤ん坊のときに闇の帝王に殺されそうになるが、
両親が命を懸けて護ったため生き残った
そしてハリーが3年生のとき、父親の親友であり、ハリーの名付け親(後見人)でもあるシリウスと出会う
シリウスは、闇の帝王の策略により、無実の罪でお尋ね者となっていた。
出会ったとき「疑いが晴れたら一緒に住もう」と提案し、
意地悪な叔母夫婦の家で暮らしていたハリーは「喜んで」と答えた

それからもシリウスとは時々手紙のやり取りをしていたが、
2年ほどしてシリウスの立場が危うくなり、連絡が取りづらくなった
「何か困ったことがあったら開けなさい」
と言って包み紙をハリーに預け、以降音信不通になる。
しばらくしてハリーは、シリウスが闇の帝王に捕まり、拷問を受けている夢を見た。
あまりにもリアルな夢だったため、ハリーはシリウスを助けに行こうとする
周りの仲間たちは「君をおびき出して殺すための、闇の帝王の罠だ」と止めるが、ハリーは聞かなかった。
結局それは本当に罠で、シリウスは捕まってなんかいなかった。
逆に、罠にはまったハリーを助けに来たせいで、シリウスは死んでしまった

シリウスの死後、ハリーが荷物の整理をしていたら、以前シリウスがくれた包み紙が出てきた
すっかり忘れていたが、包みを開けてみるとそこには手鏡と、一枚の手紙が入っていた。
『これは両面鏡だ。私が対の鏡の片方を持っている。
私と話がしたければ、鏡に向かって私の名前を呼べばいい』

ハリーは鏡に向かってシリウスの名前を呼ぶが、鏡はただハリーの顔を映すだけだった


43 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:53:39 ID:T4WeUki20
>>41
ニコニコでよく見かける

44 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 15:55:18 ID:YcQr/fQR0
>>41
男の場合は何かにつけて女叩く奴、女の場合はみずぽのようなフェミ
もしくはここにいるような奴↓
男性論女性論
http://love6.2ch.net/gender/

と言うのが個人的な解釈

45 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:08:34 ID:a+uE7BLN0
>>43-44

ありがとう。
一億総厨房時代ですね

46 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:10:11 ID:a/CSnTE90
>>42
ハリー、おっちょこちょいだな

47 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:17:38 ID:+CDBNduz0
ハリポタで後味悪いってば、最初の映画。

主人公が入学した魔法学校では、学年縦割りで学校生活におけるポイントを競い、
毎年修了式に最優秀クラスが表彰される伝統がある(○年1組=赤組、○年2組=青組、○年3組=黄組って感じ)。
毎日の生活態度から文化祭運動会スポーツ大会までいろんなことで点数がプラマイされるのである。

入学して一年、主人公とその仲間達がいろいろ戦ってその年度末がきた。
残念ながら最優秀クラスは、主人公の青組ではなく、ライバルがいる赤組であった。
赤組の旗がずらりと並べられてる修了式、そこで校長の挨拶
「ただひとつ見過ごせないことがある。○○事件における主人公友達Aの勇敢な働きに○点!友達Bの自己犠牲に○点!主人公に○点!
 よって今年の最優秀は…えー、青組!」
校長の魔法で赤の旗が一斉に青の旗に変えられる。呆然とするライバルに、「友情の勝利だ!」と喜ぶ主人公達。終


48 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:25:56 ID:IXb03gmbO
一瞬、昨日発売の最終巻のネタバレかと思って焦った。
まだ途中なんだ…

49 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:42:01 ID:MS4Ppz2h0
>>48
2ch禁止した方が良いぞ

50 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:44:36 ID:EwtqXzZeO
>>47
あれはひどかったwいじめwww

51 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:47:52 ID:ZtL8tVrL0
>>47
別に後味悪くもなんともない。
洋画お得意の、見え見えなどんでん返しサクセスだろ。
尤も、貴方があのいけ好かないライバルキャラに感情移入してるorハリー嫌いならさぞや後味
悪かろうとは思うが。

52 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 16:50:15 ID:h0wfJEXm0
いやハリポタあまり好きじゃないけど、映画で2本目だったあたりまでは見た。3番目までみたかな・・・
その記憶から>>47の書き込みとで映画想像したらちょっと悲しくなったな。引きはしなかったが・・・

53 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 17:15:52 ID:sloHB9Y90
ハリー・ポッターで何が後味が悪いって、上下巻セットの高いハードカバー本をばんばん
いたいけな日本の子供達に買わせて金巻き上げて儲けておきながら、自分はスイスに
移住したことにして(実際には日本で年中仕事していたので日本の居住日数の方が多かった)
スイスに納税するようにして35億円脱税した翻訳者のあこぎさだよね。
節税?するためには日本には一円も還元しなくて構わないという身勝手さ。
結局国税局から脱税の指摘を受けてもアテクシはスイス在住なのよ!と食い下がって
不服申し立てしていたようだが、その後どうなったのだろう。

なんかあの訳者のせいで全体にあのシリーズに胡散臭いイメージを抱いてしまっている。

54 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 17:19:22 ID:vm1BZvj8O
そもそもあの翻訳のせいで読めたものじゃなかった

55 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 17:26:07 ID:0mfFsGpLO
>>54
映画も最悪の出来だしな・・・って、そういやハリーポッターってもともと糞だったか

56 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 17:30:52 ID:qM0rRCB90
「ハリーポッター 誤訳」でググルとなかなかに後味が悪い

57 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 17:41:29 ID:u1se2ZfL0
>>53
スイスと日本の当局の合意により、居住地は日本であるとして、過少申告加算税
含め8億近くの課税が決まった。

58 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:00:56 ID:ODk4uQwh0
>>53
意味がわからん。
児童向け小説を書く作家=聖人 とでも思ってるのか?
作品と人格は全く関係ないぞ。
手塚治虫だって人間的には最悪だったしな。

59 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:02:41 ID:u1se2ZfL0
>>58
?
作者じゃなくて翻訳者だよ?
>>53は内容というよりは商売の仕方がうさんくさいといってるように思うが。

60 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:02:51 ID:+CDBNduz0
どうでもいい話題になりました

61 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:03:15 ID:NabdQGJR0
>>58
その手塚治虫の話をスレに投下すればいいじゃない

62 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:20:04 ID:qM0rRCB90
どっちかと言うと映画板のなっちゃん叩きに近いな
なっちゃんはあれほどあこぎな商売はしてないけど

63 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:26:22 ID:pocjktMD0
私はなっちゃん歌って踊る 15秒だけどシンデレラ

のなっちゃん?

64 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:30:58 ID:2jc2GJoZ0
たぶん字幕のなっちゃん

65 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:41:29 ID:1zNT5Q6hO
親父はマクドナルドが大好きだった。家族の外食はいつもハンバーガー。新商品がでるたびに買いに走る。
家族がウンザリしていると「そんなに俺のことが嫌いか!」と怒鳴る。違う、マクドナルドが嫌いなだけだ。
ある夜、俺と妹が寝ていると部屋の中に誰かが入ってきた。薄目をあけてみるとドナルドがいた。
ドナルドは二段ベッドの上に寝ている妹に近寄ると「グッナ〜イ」と呼びかけた。「キャー!」叫び声とともにベッドから飛び出した妹が机にぶつかってそのまま下敷きになった。とくとくと流れる血。呆然と見つめるドナルドは親父だった。
救急車が来た。妹一緒に乗り込もうとした親父の姿に隊員が驚いて制止しようとした。興奮した親父は隊員を殴った。
近所の人が見守る中、俺一人を残して救急車は発射した。
親父は俺達のマクドナルド嫌いを治そうと仮装したらしい。「うーあー」妹が布団の中で呻く。
可愛かった妹が別の生き物になって帰ってきた。母親は泣いた。俺は黙った。親父はビックマックを食べた。

66 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:44:18 ID:Bk7SlXms0
このスレ意地悪く解釈してわざと後味悪く紹介してるものもかなり多いからな…
話半分に聞いておいた方が吉。

67 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:44:58 ID:LWQFUxMJ0
スティーブンキングのピエロをおもいだす


68 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 18:56:14 ID:QysiZKiHO
芋虫になったDQNの話を思い出す

69 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 19:01:53 ID:qM0rRCB90
>>67
ここじゃみんな浮かぶんだよ、ジョージ

70 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 19:12:16 ID:QOos/nJP0
>>9
30分ぐらいの短い映画で、全て写真で話が進んでいくんだけど
一瞬だけ動画になるんだよね。
主人公の想う女性が瞬きするシーンだけ。
心のベストテン入りする素敵な映画だ。

71 ::2008/07/24(木) 19:41:50 ID:VqzFfT4iO ?2BP(556)
>>9,70
見たい
面白そう

72 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 21:16:55 ID:iQRgud680
モノクロだし1950年代の映画だけどね

73 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 21:51:44 ID:Hb77X96k0
でもあらすじ聞いただけで何かうっとりしてしまったw

74 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:13:20 ID:Bk7SlXms0
うっとりwww

75 :1/3:2008/07/24(木) 22:14:09 ID:pocjktMD0
ぼくらのっていう漫画から派生した「ぼくらのオルタナティブ」というラノベ。

臨海学校にやってきた14人の小中学生たちは、
マーヤと名乗る謎の少女に誘われるまま巨大ロボットの操縦者になるという契約をする。
真面目に取りあっていなかった子供たちだが、現実の存在として
全長500メートルものロボットが現れ、そして同じぐらいのサイズの怪獣まで出現してしまう。
夢か現実か疑い、恐れながらもはりきってロボットを操縦して怪獣倒しに励む子供たち。
だが、巨大なロボットは一回操縦するごとに一人の契約者の魂を燃料として奪うのだった。
不定期的に怪獣が現れるたびに、子供たちは戦い、一人ずつ減っていく。
戦いを避けることはできず、48時間以内に決着をつけないとこの世界ごと滅びるのだという。

お約束な設定だが、実は戦いの相手である怪獣もまたロボットであり、
その操縦者は並行世界の人間。このロボット戦は、広がりすぎた並行世界の
分岐を絶ちあうためのものだった。勝利条件は「怪獣を倒すこと」だと思われていたが、
実は、敵ロボットの操縦者を殺すことであり、子供たちはただ死ぬだけではなく、
殺人者として死んでいかなければならなかった。
この舞台となっている世界は以下、A世界と呼ぶ。

戦いの補佐役には「コエムシ」という謎の物体(マスコットキャラのような風貌)がついている。
ロボットへの乗り降りはコエムシの持つ、テレポート能力により行われているのだが、
マーヤはその能力を使わせて各地に赴いては暗躍していた。
謎の巨大ロボットが頻繁に出現しているために各国から日本は危険視されていたのだが、
マーヤの暗躍によってその向きは余計に強まり、日本は世界の中で危うい立場になっていく。

実はマーヤは、以前にすべてのロボット戦を勝ち抜いて、
存命が確定された並行世界(B世界)からやってきたのだった。
B世界は存続こそしたものの、とても人間の住めるような環境ではなくなっていた。
ロボットを巡ってB世界の人間同士で戦争が起き、核に汚染されてしまったためだ。
奇跡的に生き残れたのはマーヤを含めた、わずかなものだった。

76 :2/3:2008/07/24(木) 22:17:07 ID:pocjktMD0
「コエムシ」は戦いに勝ち抜いた世界の者がなることになっており、
次の世界に戦いを引き継がせ、すべての戦いを見送ったら、
その世界の人間を次のコエムシにさせ、自分の世界に戻って人間として生きることができる。
B世界での契約者ではなかったものの、深く関わっていたマーヤはコエムシとなった。
そして、もう自分には帰れる世界がないのだからと、次のコエムシを作らずに、
延々とコエムシとして並行世界を渡り歩くようになった。

その中でマーヤは、このロボット戦は一体誰が起こしているのだろうかと考え続けていた。
巨大なロボット、並行世界同士の戦い、マーヤはそれらに神のような大きな存在を感じた。
そして、その神があまりにも人間中心なものの見方をしていることに気づいた。
世界そのものを賭けた戦いを、広い宇宙のうちの一つの星でしかない地球の、
その中でも更にたった一種の生命だけに託すのはおかしい。
神なるものならこんな回りくどいことをする必要もないのに、まるで悪趣味なゲームのようだ。
そこでマーヤは、人類を重きにおいたこの戦いの意味をなくしてしまおうと思いついた。
すなわち、人類の絶えた世界ばかりを勝ち抜けさせようというもの。
B世界のような世界を大量生産させれば、
神なるものに抗うことになるのではないか。

マーヤはそれから、何百もの世界を勝たせ、そして人類を死に絶えらせた。
A世界で解説役を務めているコエムシは、そのうちの一つの世界でマーヤがスカウトした。
コエムシ役を他者に任せ、人間形態でいた方が契約をさせやすかったからだ。

そんな経緯を経てマーヤはA世界にやってきて、A世界も同じ道に引き込もうとしていた。
だが、神は一向に現れない。半ば、マーヤの手段は目的に変わっており、
平和な人々に、B世界の生き残りの自分と同じ思いをさせてやりたいだけになっていた。
マーヤの目論見通り、A世界には核の雨が降り、
日本では生き残りの人々はシェルター内での生活を強いられた。

ようやく政府の人々(わりと早い段階で契約者たちの協力者になった)はマーヤの暗躍を知るが、
最早どうしようもない状況。だが、マーヤの存在は彼らに希望も与えた。

77 :3/3:2008/07/24(木) 22:20:15 ID:pocjktMD0
残り少ない戦いに勝ちぬき、生き残った人類ごと引き継ぎ先の世界に移住すればいいのだ。
色々あってマーヤ死亡。そしてA世界は勝ち抜くことができた。
コエムシは今まで幾つもの世界を滅ぼした償いとして、人類の移住に協力した。

引き継ぎ先であるC世界は、A世界の住人を快く受け入れてくれた。
Aから事前にルールなどを教えてもらい戦いが有利になったことなどがその理由であった。
荒廃していようと生まれ故郷を捨てられないと、移住を拒否する者もいたが、
多くの生き残りの人々はC世界の無人地帯を与えられ、援助を受けつつ、街作りに励んだ。
基本的に居住区からの外出は許可制で、選挙権などもない。
だがそれらは、自らの星を破滅に追い込んだ結果だと人々は受け止めた。
人々の中には、ロボットの契約者だった子供たちの家族や友人、
そしてA世界での、まだ幼いマーヤの姿もあった。皆は新しい世界で懸命に暮らし始めていた。
A世界ではかなり最後まで戦闘に関する情報を世間に知らせていなかったが、
C世界では最初からオープンに扱い、全ての国が協力体制をとっていた。
はじめの戦いで、各国の戦闘機が応援にやってきたのを見て、
C世界は国同士の戦いで滅びるようなことにはならないだろうと、A世界の人々は希望を抱く。

だがA・C両方ともに不安があった。二つの世界は似ていても、少しずつ違うのだ。
例えば、C国の日本は現実のものと近いが、A国の日本は憲法九条を破棄し、
自衛隊を国防軍と改めており、アメリカよりも中国寄りになっている。
インターネットの規制も厳しく、携帯電話に至っては幾つもの審査を経なければ手に入れられない。
制度が違えば価値観も変わる。Aの人々はC世界に溶け込めるのだろか?
あるいは得体のしれない異民族として脅威になってしまうのかもしれない。
また、A・C国は並行世界の存在であるため、Aに存在する人物は、高い確率でCにも存在することになる。
もしももう一人の自分に出会ってしまったら。自分が失ってしまった大切な人や物を、
何一つ失うことなく幸せに生きている「自分」に出会ってしまっても気を狂わせずにすむのか。


希望があるようなないようなラストだった。
設定が複雑なので説明しきれてなかったらごめん

78 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:30:53 ID:P9G3ey220
>>65
別の生き物って何だろう
具体的に言わないのがまた後味悪いのを助長してるな

79 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:32:44 ID:2HYUta8wO
無理矢理後味悪く仕上げてるように感じるなぁ……

80 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:38:46 ID:enLmwXB10
>>75-77
長々と乙だが、後味悪いっつーよりフーンだな。

81 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:42:47 ID:Xm8ndqLG0
フリゲ「分裂ガール」1/2

重度の精神病患者のための閉鎖病棟で目を覚ました主人公の少女。
記憶がまったくないが、部屋についていた名札から自分は「エルテ・ティート」という
名前だということやそこが精神病院であること、エルテ・ティートは重度の
分裂病であること、過去に大量殺人を犯したことなどを知る。
また、監視のいなくなった病棟でグループを作って暮らす人々から院長は
極悪非道な人物だと知らされる。

ナールという老人、グループのリーダーフィルデロ、岐阜にこだわる岐阜県出身などを
仲間に加えて外を目指す主人公。
そして、記憶のない主人公をあざ笑うように度々邪魔をしてくる金髪の女性。

もう少しで外に出られるというときにナールが自分の過去を話す。
自分の息子は製薬会社を運営していて、院長に命令され非合法な薬物を作っていたこと。
それが社会の明るみに出て、死刑判決が下り処刑されたこと。
そのことで自分は院長を憎んでいること。
脱出に成功したら町外れの森の入り口で落ち合おう、とナールは言った。

82 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:43:17 ID:ix6hVFxfO
ラノベはストーリー以前に原作の先の展開ネタバレしまくりなのが後味悪かった。
アニメもそうだったし、不遇な漫画だ

83 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:43:22 ID:Xm8ndqLG0
2/2
病院側の追っ手が来るが、何とかみんな脱出する。
主人公は仲間とはぐれ、一人金髪の女性と対峙する。

病院の人間とのやり取りで、金髪の女性こそ本物の狂人エルテ・ティート、
主人公は院長の孫娘であることがわかる。

主人公はエルテ・ティートを倒し、病院の人間に保護される。

目覚めた主人公のそばには一人の老人がいた。院長だ。
自分には優しくしてくれる。でもそれは偽りの優しさだとナールは言った。
目の前にいるのは非道な人間。みんなこの人のせいで不幸になった。
主人公の脳裏にさまざまな思いが浮かび、祖父を撲殺してしまう。

走り続けた主人公がたどり着いたのはナールとの約束の場所。
そこにナールはおらず、手紙が置いてあった。手紙を読む主人公。

『実はあの時言ったことには少し嘘があった。
非合法な薬はわしが作った。金になったからな。それを院長に咎められ
病院に入れられた。責任はすべて息子に。
ワシは怒り、院長は極悪非道であると患者に言いふらして回った。
エルテ・ティートにも院長はお前を殺そうとしていると言ってやった。
あの女やフィルデロたちは見事に院長は悪人だと信じきった。
ワシは院長も孫娘であるお前も憎んでいる。
お前はワシの復讐に利用させてもらった。
院長は非道な人間だったか?さあな、そんなことはなかっただろう。
お前がこの手紙を読んでいるということは・・・お前が何をしたのか手に取るようにわかるよ』

主人公はナールの手紙を読んで泣き叫んだ。

84 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:48:49 ID:2HYUta8wO
>>81
これは鬱……orz
だが、

>岐阜にこだわる岐阜県出身

が謎過ぎて笑ってしまった。

85 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 22:59:06 ID:a/CSnTE90
>岐阜にこだわる岐阜県出身

真の黒幕はこいつだな。

86 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:02:51 ID:NabdQGJR0
記憶喪失になった上エルテさんの部屋に押し込められてたのはどういう経緯なんだろう

87 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:02:53 ID:Xm8ndqLG0
>>84-85
>岐阜にこだわる岐阜県出身
こいつは登場時から岐阜岐阜言っていて名前欄も「岐阜県出身」
必殺技は「スーパー岐阜」
なんでも、平凡の象徴岐阜に憧れているそうだ。
こいつだけほんとに何にも知らない普通の患者だったよ

88 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:03:40 ID:+cstHGJU0
岐阜の人は院長になにされたんだろ。

89 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:05:13 ID:Xm8ndqLG0
>>86
そこはよくわからないんだけど、本物のエルテにさらわれて虐待されてたらしい。
それもナール爺さんにそそのかされたエルテに。
ゲームが始まったところで病院の看護師や医者がまったくいない状態だったから
そんなことも出来たのかもしれない

90 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:07:15 ID:Xm8ndqLG0
>>88
岐阜県出身は院長には何もされてないはず
精神病というか知的障害があるような感じで、岐阜に帰りたい一心で
仲間になった。
院長が悪人だというのはナールが言いふらしてすりこんだことだから
直接院長に何かされた人は誰もいなかったよ。

91 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:14:04 ID:+cstHGJU0
検索したらオタがやりそうな美少女ゲームみたいな
ADVじゃなくてRPGなのね。
http://www.vector.co.jp/games/review/1048/1048.html

ひぐらしの様な妄想だけを誇らしげに書き込んだ
読み物ゲームかと思いきや
ダーク系RPGなのか。

92 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:17:10 ID:Xm8ndqLG0
ちなみに、「分裂ガール」を一度クリアしてもう一度はじめからはじめると、
OPはまったく変わっていないが話がループしているような感覚になる
(物語終盤のキーとなるような文がOPにある、服が血まみれ、とか)

93 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:25:46 ID:ix6hVFxfO
このスレはよくひぐらしアンチがわくなあw

94 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:36:24 ID:sL1bYm0+0
>>78
障害を負ったんだろうね

95 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 23:57:46 ID:jO+qSi6t0
>>94
確かそう
このコピペ初めてみたときは妹が頭を打った後に
もっといやな感じの描写があったと思うんだけど
思い出せないや

96 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 00:15:07 ID:GCEELGWz0
>>95
親父は俺達のマクドナルド嫌いを直そうとあんな真似をしたのだと、俺と母親に話した。
妹は床に敷いた布団の上にいた。目を見開き、歯を食いしばり、手足を出鱈目に激しく振った。
「んーんーんー」
頭を打ち背骨を傷めた妹が布団の中で唸り声を上げた。
「おんぬぃぃちゅぁんんん」
可愛かった妹が僅か半年で別の生き物に変わってしまった。
母親は泣いた。俺は黙った。親父はグラタンコロッケバーガーを食べた。


かな? かな?

97 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 00:36:39 ID:465INe8x0
めえいぃぃちゅぁんん

98 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 01:29:32 ID:EjDNMyo90
おばあちゃんだ!

99 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 01:40:52 ID:LJ3w0vlbO
>>65
何だろう、後味は悪いんだけど何故か笑ってしまう。特に親父が救急隊員殴るとこ、場面を想像するとwww

100 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 02:57:34 ID:rOiLLcDk0
「ベッキーはかつて、テレビで「痴漢を5人捕まえたんです。でもそのうちの2人は間違いでした」
と薄ら笑いを浮かべつつ言い放ったのですから、ひどすぎる話です。
ベッキーに「痴漢」にでっち上げられて捕まった、まじめなサラリーマンの中には、
仕事はもちろん家庭もめちゃくちゃになった男性も複数います。
ベッキーがテレビでヘラヘラ笑いながら話しているのを見ると許せないと話している人も当然います」(同)」


366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)