2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【酒池肉林】殷の紂王【封神演義】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:07:38 ID:ibMo7Zpu0
力は素手で猛獣で渡り合うほどの怪力に頭脳明晰、弁舌さわやか。
その素質をひたむきに悪のみに邁進させた稀代の悪王、紂。

妊婦の腹を割き胎児を眺め、賢人の心臓には七つの穴があると称して胸を裂く。
諌める者は焼いた銅の柱に抱きつかせて殺し、その死体は塩辛や干し肉に加工・・・

まさに悪の英雄ではございませぬか!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:31:12 ID:Ihiw2n7s0
途中までは名君だったのではないか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:01:54 ID:4FtXddWpO
途中まで、というより最期まで普通に商王。
史書の姿は周の情報操作の結果で、甲骨文などの資料は商王としてはそれほど酷い王ではなかったんじゃ?
と言われつつある。

4 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/10/31(火) 22:09:13 ID:OicSHZ9H0
イケニエ文化を農耕民族が評価したものだから酷くなった、という説なら知ってる。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:17:06 ID:A+oh1Jup0
ぶっちゃけ昔過ぎて、実像は分からんな。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:49:28 ID:ibMo7Zpu0
生贄は異民族だから、祭祀をまじめに行えば異民族の恨みは増すばかり。
あの太公望は遊牧異民族出身だったからというからね。

7 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/10/31(火) 23:04:09 ID:OicSHZ9H0
羌族なんかは被犠牲の代表民族だし。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:11:17 ID:472bNgXqO
ここまでで語れることは語ったみたいだが、このスレはどうなるの?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:38:52 ID:PMugC24g0
夏の傑王スレとなり、リサイクルされます。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:52:01 ID:ibMo7Zpu0
妲妃ちゃんもいるし

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 02:16:42 ID:1IK3/Ug00
「まんが中国の歴史」の第一巻、殷の紂王が自ら宮殿に火を放つ場面はかっこよかった。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 07:47:35 ID:CH4WtOEB0
それじゃ飛廉とか悪来について語ろうぜ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 08:31:48 ID:iPA4/w9T0
詳しくはないんだけど
夏の桀王とかぶってる部分多いと聞いたが

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 13:00:51 ID:zPZp79JOO
>>13
愛妾の名前も似てれば倒した奴らもなんとなく似ている

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 15:32:50 ID:imSlii3yO
夏の桀王も殷の紂王も悪党のレッテルを貼られて可哀相に思う。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 15:37:15 ID:iPA4/w9T0
>>14
つまりどちらかの所業が架空
もしくはどちらの所業も創作の可能性ありってか?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:00:19 ID:NC7ZiK7lO
>>16
宮崎市定先生の言う加上説だね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:57:19 ID:tObi8XOK0
もともと夏や殷の頃から史記の時代まで千年以上経ってるわけで、
長年の間に伝説の混同や創作があっても不思議でないと思う。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:39:49 ID:D3dLGFzI0
殷(商)といえば漢字。
漢字といえば白川静。


(´;ω;`)ウッ…
ttp://www.asahi.com/obituaries/update/1101/001.html

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 02:53:54 ID:/rLCDcbmO
あの世で紂王や文王などと存分に語りあって下さい、白川先生。
ご冥福をお祈りいたします。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 10:42:21 ID:A/kIBOdD0
殷の王宮ってどんな感じだったのかな?
後の、紫禁城とかを知っている今から見たら、
かなりしょぼかったんだろうな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:44:33 ID:Z6DimOHr0
まんが中国の歴史では、王宮でも萱葺きだったな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:51:58 ID:gKo4z4RJ0
漫画中国の歴史、読んだことないけど、気になってきた。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 15:27:25 ID:OKgsZ1910
漫画といえば、諸星大二郎の漫画もいいぞ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 21:12:38 ID:lJOKOfua0
誰か横山殷周伝説読んだ人いる?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 17:16:16 ID:P1jGBbmg0
面白いけどネタ入ってるよ。分身の術とか浮遊術とか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:57:52 ID:cqCHSs1J0
>>24
『太公望伝』だな、だが俺は同じコミックに収録されている『無面目』のが好きだ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:26:12 ID:pPzZ7iUb0
完顔亮みたいなイメージかな

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 21:50:04 ID:ct3q5WPq0
>>25
ネタ入れまくりで駄作
一巻から妲己が妖怪に取りつかれたり2巻では雲中子が宙に浮いたり・・・
10巻から後は土行孫(辺りの景色に溶け込める人間)とか出てきてむちゃくちゃ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:17:38 ID:E4VCSGbR0
諸星の漫画では、殷人は辮髪を頭に巻きつけ、羌人は辮髪を後頭部にたらし、
周人はいわゆる漢民族式の髷を結っていた。

この髪型設定は根拠があるの?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 09:46:41 ID:ydsgHgD+0
>>29
えーと単行本にちゃんと封神演義がベースって書いてありますけど?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:11:40 ID:yLJSTpwI0 ?2BP(1000)
治殷 治殷 主!主!主!・・・ (ちんちんしゅっしゅっしゅっ)
(1) 殷王朝最後の皇帝である紂王は寵愛する妲己にそそのかされ、悪政を重ねた後、
周の武王により打ち倒されたのはあまりにも有名な話である。
紂王は、牧野の戦いで大敗後、都へと逃げ戻り、鹿台に火を放って自刃するのだが、
自刃の直前、紂王の元で贅沢の限りを極めた役人や宦官たちは、
かつての贅沢がもうできないのを悔やみ、紂王に対し、泣きながら
「治殷 治殷 主!主!主!
(※注・治殷=殷を治めて下さい、主=我らが主紂王よ!)」と懇願した。
その懇願ぶりは、悲惨としかいいようがなく、ある者は燃えゆく宮殿の中で
「治殷 治殷 主!主!主!」とヨダレを垂らしながら、
柱に体を激しくこすりつけ、そのこすりつけようは柱の塗装が剥がれ落ち、
血が噴出し肉がずたずたになるほどであったという。こすりつけ最高!
なお、現代日本の匿名掲示板において「ちんちん シュッ! シュッ! シュッ!」
という文言と共にヨダレを垂らした肥えた初老の男性のAAが貼られるのは、
根底にこの逸話が元になっていることはいうまでもない。

民明書房刊 『古代中国王朝滅亡全書』より抜粋

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 03:31:02 ID:ET1koveF0
藤崎漫画のチュウオウイケメンス

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 14:27:00 ID:SWEfWNpO0
実際はもっとおっさんだったろうな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:23:16 ID:O60LP9W4O
紂王に仕えた悪来についてだが、素手で虎をボコッたとか、戦場で一騎駆けかましたとか、こんな風な武勇伝は無いの?

ただ腕っ節が強いだけの告げ口野郎?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:37:07 ID:OUjLSo2A0
史記の注釈で引用されてる晏子春秋に
「手で虎やジ(水牛)で裂いた」というのがあるが。
太平御覧で引用されてる尸子の中にも似たような話がある。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:16:27 ID:O60LP9W4O
>>36
ありがとう!!!
安能版「封神演義」じゃこれといった武勇伝がなく、典韋のあだ名にしては意外に思ってた。



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:45:03 ID:OUjLSo2A0
封神演義だけ、それも安能版だけ読んで判断て…
まじめに調べるつもりなんて全くなかったのか…
レスしなきゃ良かった…

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:55:50 ID:SXO5hFXt0
崇侯虎は熱い湯の入った鼎を持ち上げることができた

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:04:18 ID:VNtD4jwa0
帝辛
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E8%BE%9B
帝辛(ていしん いわゆる殷の紂王 紀元前1100年ごろ)は、殷の30代目の帝であり、最後の帝。名は辛、或いは
受と呼ばれる。帝乙の末子。異母兄に微子啓と微子衍らがいる。子に武庚禄父ら。暴虐な政治を行なった帝王とされ
、周の武王に滅ぼされた。『史記集解』によれば「義を残(そこ)ない、善を損なうを紂と曰う」と。

帝辛の伝記
帝辛は弁舌に優れ、頭の回転が速く、力は猛獣を殺すほど強かった。それゆえ臣下が馬鹿に見えて仕方なく、諫言を
受けても得意の弁舌で煙に巻いてしまった。帝辛の増長はつのり、神への祭祀をおろそかにし、重税をかけて天下の
宝物を自らの物にし、尤渾や費仲と言った佞臣を重用し、妲己と言う愛妾の言う事ならば何でも受け入れ、日夜宴会
を開いて乱交にふけった。この時、帝辛は肉を天井から吊るし林に見立て、酒を溜めて池に見立て、欲しいままにこ
れらを飲み食いした。ここから度を過ぎた享楽の事を酒池肉林と呼ぶようになった。

帝辛の親戚に箕子と比干と言う賢人がいた。箕子は帝辛が象牙の箸を作ったと聞き、「象牙の箸を使うなら陶器の器
では満足できず、玉の器を作る事になるだろう。玉の器に盛る料理が粗末では満足できず、山海の珍味を乗せる事に
なるだろう。このように贅沢が止められなくなってしまうに違いない。」と危惧し、贅沢をやめるように諫言したが、
帝辛はまったく受け入れず、誅殺を恐れた箕子は狂人の振りをして奴隷の身分になった。比干は当時行われていた炮
烙と言う残酷な刑罰をやめるように諫言した。帝辛は怒り、「聖人の心臓には七つの穴が開いているという。それを
見てやる。」と言い、比干は心臓を抉り出されて死んでしまった。

当時、殷の最も重要な地位三公には諸侯の中の実力者である西伯昌(後の文王)、九侯、鄂公が就いていた。九侯に
美しい娘がいたので、帝辛はこれを妾にしたが言う事を聞かないので娘を殺し、父の九侯まで殺して塩辛にしてしま
った。あまりにもひどいと鄂公が文句を言うとこちらは乾肉にしてしまった。それらの話を聞いた西伯昌がため息を
つくと、これを聞きつけた帝辛は西伯昌を羑里と言う所に幽閉した。その後、西伯昌は財宝と領地を帝辛に献上して
釈放された。

西伯昌が死に武王が立つと、ついに天下の諸侯は帝辛を倒すために立ち上がった。武王は文王の位牌を掲げ、軍を
起こした。一旦武王は退いたが、その二年後再び武王は軍を起こした。両軍は牧野で激突した。この時殷軍は70万
を超える大軍であったが、その軍は奴隷が多く占め、戦意は無いどころか武王がやってくるのを待ち望んでいたほ
どであったので殷軍は大敗した。

首都に逃げ帰った帝辛は鹿台に上り、焼身自殺した。その死体は武王により鉞で首を断たれた。

後世、夏桀殷紂(かけついんちゅう)と呼ばれ夏の桀と共に暴君の代名詞となった。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:04:49 ID:VNtD4jwa0
帝辛の評価
帝辛の伝記はまさしく悪事のオンパレードであり、ここまで並べられると逆に怪しく思われる。論語の中で、孔子の
弟子の子貢が「殷の紂王の悪行は世間で言われているほどではなかっただろう。」と述べたとあるから、春秋時代後
期には既にそうとうの悪評があり、当時の有識者もまた疑問を持っていたと思われる。実際甲骨文によれば、帝辛は
神への祭祀をする事厚く、東の人方と言う部族を討ち国勢は盛んになったと書かれている。熱心に祭祀を行ったため
に生贄を多く必要とし、そのことが周によって残された史書に、帝辛の悪事として誇張されたであろうし、後世、文
王と武王が聖人化されたため後世の人間が色々と悪事を付け加えた事も考えられる。殷周革命は衰えた殷に周が取っ
て変わったというわけではなく、殷が東方の経略に夢中になっていた隙を突いて周が殷を滅ぼしたとする説が最近で
は有力視されている。

帝辛と桀の最期は酷似している。美女(末喜と妲己)に溺れ、諫言をする臣を殺して回り、次代の王(湯王と文
王)を幽閉し、名臣の補佐(伊尹と太公望)を受けた英雄に滅ぼされる。これは帝辛の最後から桀の伝説に欠けて
いる部分を穴埋めしていったのではないかと思われる。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:16:15 ID:v1qdtGQGO
そうだね。東方の征伐は何度も繰り返されていたらしいから或いは国が貧困にあ
って領土拡大を謀らなければならなかった為のかもしれいし…。
また戦争が多くなれば民が苦しむのは当然で、しかし永く平和が続いていたが為
に平和ボケしてた人が歴史を伝えたとすれば、たくさんの歴史を知っている人た
ちからすれば大袈裟に聞こえるとも考えられる。
先代の姫昌も、民の為というよりは自分の受けた恨みの報復の気が強い気も…。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:41:43 ID:0FwDjKqt0
さすが皇帝

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 15:31:17 ID:GVFIKg+WO
>>18
今の時代でいえば源義経が死ぬとき光の柱出て白馬が空に舞うようなもんか

そうかんがえればほとんどが創作って考えれるな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 23:44:26 ID:64f+TmtOO
明けましておめでとうございます。

>>44
この時代もそれ以前もやはり創作の部分は多いかもね。
資料の少なさから考えると致し方ないかも。ただ、最近の殷帝の悪業はその
辺を考慮してかなりマイルドに書かれているのだとか…。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 23:03:49 ID:Heg/8my70
太公望は面白い。
知れば知る程面白い。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 12:22:48 ID:l3w9KF/y0
<25
22巻全て読みました。
おもしろかったですよ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 12:26:37 ID:l3w9KF/y0
因みに商売の商は殷(商)から来ているそうです。
商売という行為を初めて行なったからと本に出てました。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 09:14:06 ID:Apl9OmZU0
でもさ、漏れは、酒池肉林ってあんまりエロチックな感じがしない。
やっぱり、エロにはもうちょっと淫靡さが欲しい。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 02:49:24 ID:nvlFKfQt0
淫靡なエロはモラルとかマナーとかルールから逃れられる密室でしか感じ取ることが出来ない。
それらに挑戦した酒池肉林が淫靡な訳がない。
だがそれを口で野蛮と罵るのに是非は問わないが、下半身がピクリとも反応しないのは生物としてどうかと思う。
もちろん、感じることと行うことは別ですよ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 22:31:40 ID:AnTNcKKc0
人それぞれが思い描く酒池肉林があるのさ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 15:35:48 ID:xODL9FJq0
この時代に記録された彗星が記録された最初のハレー彗星だと言われてるね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 15:46:26 ID:YRiHeE1N0
史記の始皇帝本紀が初のハレー彗星の記録じゃなかったの?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 09:25:13 ID:pOag7Fkq0
それっぽい彗星の記録を、後からハレー彗星じゃないのかと推測するしかないからなあ。

55 :太公望:2007/04/10(火) 18:27:00 ID:1dV/lO/Y0
やれやれ、悪夢は終わっていなかったか。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 12:15:15 ID:w8Tsxxw+0
昔の超新星爆発の記録も残っているね。
昼間でも見えるものらしいけど、どんな感じだったんだろう。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 16:07:50 ID:xdpB2Y0N0
昼に見える月みたいな感じじゃない。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 08:12:35 ID:WhgwOPvY0
ぼんやりと白い雲みたいに見えるらしい。

動かない雲な感じ?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 23:37:51 ID:y5m1SPsu0
天狼(シリウス)が超新星爆発を起こせば、はっきりと見えるよ。
人類も滅亡の淵に立たされそうだけど。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 15:51:29 ID:Ol2JJoCp0
age

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 09:01:25 ID:4OZJbs3t0


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 22:14:23 ID:GPQ9K6tSO
>>61
     オハヨー!!
    ∧∧ ∩
    (`・ω・)/
   ⊂  ノ
    (つノ
     (ノ
 ___/(___
/  (___/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 05:38:47 ID:C7l/gA3w0
ドラマの「封神榜」は面白い

64 :10:2008/05/02(金) 17:12:06 ID:cgUHMa190
青春アドベンチャーの「封神演義」もおもろし。
紂王−藤岡弘
スウコウコ−大塚周夫
太公望−石橋レンジ

などなど


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 01:55:09 ID:VC8dPzAc0
白鶴=ドラえもん

66 :10:2008/05/06(火) 12:34:14 ID:zTY0XrDj0
>>64
だったね。ラジオドラマだからドラえもんが喋ってるとしかイメージできなかった。


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)