2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【火気厳禁】一式陸攻=雷爆撃輸哨3【図太く逝こう】

1 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 19:16:23 ID:Y4ZJiHzJ
一式陸攻をはじめとする海軍陸上攻撃機についてもっと語ろうぜ。
九六式陸攻、銀河、靖国、大洋、深山、連山、九五式大攻などもOK。

【火気厳禁】一式陸攻=雷爆撃輸哨2【必殺必中】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1180061924/
【火気厳禁】一式陸攻=雷爆撃輸哨【燃えろベティ】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1165815327/
【硫黄島】フジTV「戦場の郵便配達」【一式陸攻】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1165110333/l50
一式陸上攻撃機について1から語るスレッド【1】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1054775303/
【長駆雷撃】 陸攻と銀河 【双発軽快】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1088225171/
【双発雷撃3】九六陸攻・一式陸攻・銀河・四式重爆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1098362518/
【双発雷撃4】九六陸攻・一式陸攻・銀河・四式重爆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1105102610/
【長距離】一式陸攻を名誉挽回しよう【雷爆撃】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1130753013/
【瞬燃の美学】一式陸攻が好き【グラマーベティ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1136444053/


2 :部品鳥スーパー改 ◆Izm0rwxujE :2008/08/12(火) 19:20:54 ID:???


3 :MiG-21厨 ◆NURUPO/D0I :2008/08/12(火) 19:38:21 ID:???
3

4 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 21:30:33 ID:???
4なら雷撃成功

5 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 21:44:58 ID:???
5なら>>6以降が急降下爆撃法を検証


6 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 22:47:59 ID:???
急降下雷撃ぃ〜

7 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 22:52:43 ID:???
前スレ991よりコピ
>山本五十六長官搭乗機が撃墜されたとき、一式陸攻の
>尾部20mm銃手は急降下の煽りで銃座風防の開口部から機外へ放り出されて墜死してる。
>習慣的にパラシュートつけてなかったようだ。ついでにシートベルトも。減点!

尾部に限らず銃手は常時機銃に付いてたわけじゃないし、B17銃手なんかも写真なんか見てると
フラックベストは装着してるけど固定バンドはあんまりしてないし、ましてや落下傘も着けてない。

8 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 23:12:02 ID:???
陸攻の尾部銃座って戦地では使い勝手優先で後端を外してるから、
確かに場合によっては落ちやすいのかもな。

9 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 05:38:54 ID:3McWkvlJ
>>7
マジっすかっ!? 初耳だったよ。。。
後の検索で搭乗時全員が機体周辺から
発見されたんじゃないんだ。
んで、その方の氏名は分かりますか?


10 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 12:15:29 ID:???
前スレの者ではないんだが、秋田書店の太平洋戦史総覧見ると

現場に最初に辿り着いた陸軍歩兵23連隊の浜砂少尉隊の報告だと、
現場周辺で11人見つかってる。一人は機体の前方500m、
二人が機内で、他の人は胴体左右の20m程度で横になってる感じだと。

長官・軍医長・参謀中佐の3人はその場でわかったんだが
何人幕僚で、何人乗員なのかがわからないとなんとも。

11 :991:2008/08/13(水) 12:43:46 ID:T47RWkah
山本長官撃墜事件における各機の搭乗員名簿は下記にある。
■山本五十六連合艦隊長官護衛編隊
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun32.html

尾部銃手の墜死の件は参照/資料本が今見当たらないが、
この遺体のみ墜落現場のジャングルのはるか手前の海岸線に漂着している。
(資料本には氏名も記してあったはず)

P-38の証言でも尾部銃座からの反撃はなかったとのことから、
一式陸攻が攻撃を回避しようと急降下したときに
機外に放り出された可能性が高いと記してあった記憶。

12 :992:2008/08/13(水) 22:25:13 ID:muaYz9j0
即レス、サンクスです。
ところでところで・・・、この墜死した搭乗員は「電信員、攻撃員」の
どちらなのでしょうか?
非常時には電信員が機銃掃射などを担当した、と何かで読んだ記憶が。

13 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 23:51:20 ID:???
>>11
転落する可能性があったのは長官搭乗機ではなくて、
海に不時着水した2番機の方だろうね。

長官機は墜落現場付近で11人見つかってるから。全員の所在がわかる。

しかし、宇垣中将は強運だな。

14 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 23:52:33 ID:???
しかし、すぐここまで資料揃っちゃう所、やはり軍板スゴスw

15 :991:2008/08/14(木) 00:06:12 ID:ayHO3JCH
>>13 >長官機は墜落現場付近で11人見つかってるから。全員の所在がわかる。

そのれは秋田書店の秋田書店の太平洋戦史総覧かな?

ワシの読んだのは山本五十六撃墜事件の真相を丹念に検証した単行本(近著だが署名失念)。
一番機(長官機)の尾部銃手が数マイルも手前の海岸に漂着していたと記されていた。
不時着水状態の二番機とは別地点。

16 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 00:47:02 ID:???
>>15
秋田書店のなんですが、これがまた面白い資料なんです。
医師としては最初に現地入りした軍医の遺品のノートだから
一次資料だと思うんですよねぇ。

きちんと11人を墜落地付近の地上で見つけてるんだから、
その後に出た本では「浜砂隊の報告」をどう扱ってるんでしょうかね・・・

長官関係では、英雄化や美談や創作が多いので要注意です。
いろいろあるんでしょう。

17 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 06:57:46 ID:???
ああ、遺体が腐ってなかったとか不動の姿勢だったとか

18 :991:2008/08/14(木) 17:52:39 ID:WRU3HDIa
山本五十六長官撃墜に関する資料本を再閲覧しようと図書館行ったがお盆休みだった。

「当時の報告書では墜落地点周辺で搭乗の全遺体が発見されたとなっているが、
実際には尾部銃手○○の遺体だけは、はるか手前の海岸に漂着しており云々…」

と記述されていた記憶。資料検証したら、また追記予定。


19 :名無し三等兵:2008/08/15(金) 18:28:16 ID:OqMAmU8L
NHK ラジオ第一放送・本日深夜01時過ぎから「関西発ラジオ深夜便」
「戦争インタビュー」シリーズ最終回「桜花を運んだ機体の搭乗員の証言」

予告では「特攻機・桜花の輸送機の乗組員の証言」とアナウンスしていたが、
当然ながら一式陸攻搭乗員のはず。

20 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 09:10:20 ID:yjkzDqEY
ラジオ出演者は一式陸攻の整備員、今なら機関士と語っていた。
「グラマンが現れると動力銃座に入った。20mm連装機銃を撃ちまくったら片側の機銃が焼けて取れた」
とか言っていたが、何型だったんだろうか?

21 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 11:28:59 ID:???
特別装備しようにも、ちょっとスペース不足かも。
日本で連装銃座と言ったら99双軽くらいじゃないかなぁ。

それこそ97大艇で機首に20mm特別に積んでた場合だってあるし、
特別装備だったのかもしれないけど検証は難しいね

22 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 12:01:25 ID:???
>>20
連山一一型

じつは連山が実戦参加してたという新事実

23 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 17:43:53 ID:???
>>22
おいおいww

しかし現地改造?があったとしても無理があるような…

24 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 05:11:52 ID:???
20ミリの連装動力銃座って日本の技術じゃ難しくないかな?
その爺さんがなりすまし搭乗員だったのか、ただ呆けてるだけかは分からんが

25 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 11:43:11 ID:???
その辺の記憶違いって結構あるからしょうがない。

26 :20:2008/08/17(日) 12:54:27 ID:JEUgBRl7
「桜花を運んだ機体の搭乗員の証言」の補足(一部は桜花スレにも記載)

証言者は鹿屋からの出撃が初陣で、桜花特攻隊員も同い年の19歳。
とても静かでおとなしい印象の人だったと。この特攻隊員に話を聞いておけばと思うが、
当時は自分も死ぬと思っていたから訊かなかったとか。

桜花の狭い座席への乗り組む状況は語っていたが、
その後はグラマンから逃げるのと銃座の応射に必死の模様。
桜花が発進/命中したかどうかは曖昧なままだった。


27 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 12:57:44 ID:???
桜花って見事駆逐艦に命中した例もあったんだが、
あまりの速度で突き抜けちゃったんだよな。

だから損傷しただけの駆逐艦もあって、沈没駆逐艦は1隻だけ・・・

28 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 22:26:57 ID:c+uToBA2
一式陸攻の上部動力銃座は、20mm機銃が中心からずれて一門だけ装備されてるから、
新米の担当者(ラヂオの爺さん)は、連装の片方が取れてると思った可能性も。

29 :名無し三等兵:2008/08/18(月) 16:25:33 ID:my8Klq5w
山本五十六長官一行を乗せた一式陸攻は、
二機とも機銃の予備弾倉は全部下ろして飛んだんだね。
人員の重量と相殺するためと、会敵の機会などないと油断してた。

だからP-38が襲ってきたとき、機銃に装着した一弾倉を撃ち尽くしたら反撃終わり。
おまけに尾部20mm銃座は機銃員が急降下時に風防から放り出されて発砲もできず。

30 :名無し三等兵:2008/08/18(月) 18:13:05 ID:0JAez3iU
20mm銃って弾道が「小便カーブ」で命中率が悪いって聞いたけど、
後部や背部上方のって、実戦で役立ったのですか?
相手も動き自分も旋回させるんでしょ、防御の役割果たせたのか?

31 :名無し三等兵:2008/08/18(月) 18:27:37 ID:???
>>30
20ミリクラスになると、アイスキャンデーみたいのが飛んでくるように見えるんだとか。
それで戦闘機の中の人をびっくりさせるんだよ。

32 :名無し三等兵:2008/08/18(月) 19:42:06 ID:???
>>30
そりゃぁもう、かなりの抑止力だったはずだよ。
グラマンでもコルセアでも20mm弾を食らえば落ちるわけで。

一例挙げると、17年2月20日、ソロモン方面、零戦の援護無しで
機動部隊攻撃に向かった一式陸攻17機の防御砲火により
迎撃に上がったグラマン2機が未帰還になった。

・・・その時の陸攻隊は壊滅しちゃったけどさ(;・∀・)

33 :名無し三等兵:2008/08/18(月) 22:13:30 ID:???
このときの四空の損害は九機自爆、二機海上不時着。
飛行隊長、中隊長2名、飛行士1名を初め搭乗員の過半数を失った。

34 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 06:29:02 ID:???
尾部機銃は後方同一線上に不用意に接近してくる敵機もいたろうから他よりは照準もしやすいし
逆にそれを墜とせないとアウトだから取り回しより威力なんだろうな。

>>32
オヘア中尉が5機落したときだな

35 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 06:33:36 ID:???
B-29も尾部銃座だけは20mmじゃ無かったっけ?

36 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 10:42:08 ID:uGUmt+dF
B-29の尾部銃座の装備は、12.7mm×2に、20mm×1を加えた三連装が基本だね。強力!

B-29を追尾すると尾部銃座からの発砲炎/煙が盛大なので、当初
日本では37mmクラスの大口径砲が搭載されていると思ったほど。

37 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 11:20:51 ID:???
しかもB29には初期的ながら射撃統制装置がついていたからな。

38 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 12:30:14 ID:???
>>34
世傑の一式陸攻編の元搭乗員座談会では「…海面スレスレに飛んで、尾部の
20mmでボカンと脅せば敵機は逃げてゆく」という話も出ていた。

もちろん、けっして敵戦闘機に対して優位だったわけではなく
「中攻乗員で今も生き延びているのは、極めて運の良い人だけ」という
ようなことも言っている。

>>35
その通り。B-29の尾部銃座には20mmも装備されていた。
でも、連装されたcal.50と弾道が違いすぎて照準しにくい上に、故障続出で
降ろしてしまった機体も多い。

たしか、後期型B-29Aでは20mmを廃止したんじゃなかったかな?

39 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 23:21:07 ID:???
今出てる新潮45にたけしと元陸攻乗りの人の対談が載っている
その人は生き残ったけど誰が死ぬか出撃前に大体分かったんだって。
たけしも芸人が受けるかすべるか楽屋で大体分かったとか

40 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 00:13:22 ID:???
陸攻はなまじクルーが団結しているばかりにパラシュート降下より自爆を選んだ人が多かった
と誰かの手記で読んだ。


41 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 00:53:32 ID:???
一人で先に逃げようとしたら
「中村ぁ〜〜〜」
対空機銃で撃たれました・・・
グスン
ひどいよみんな・・・

42 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 15:12:20 ID:???
>>36-37
その重武装すら、一グラムでも多くの焼夷弾を積むためにほとんど撤去して
日本軍の防空網の餌食確定の低空爆撃を強要され、損害続出した悲惨なB29

本土爆撃の、高高度を重武装で飛んでた初期と丸裸で低空爆撃してた後期じゃ未帰還率が大幅に違うからな。

43 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 15:21:04 ID:???
しかも撃墜されて脱出したらタコ殴りで済めばいい方で・・・

44 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 16:02:02 ID:???
でも夜間に都市爆撃かけるような外道にシンパシーは感じない
命令とはいえだからといってなあ・・・

45 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 18:06:58 ID:???
目の前に町を火の海にし、肉親を殺した虐殺者が降りてくればそりゃ当然・・・
アメリカ人に間違われて殺された不幸な海軍搭乗員がいたな。

46 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:41:53 ID:???
ドイツでも脱出した英軍重爆搭乗員のリンチ虐殺事件が起きている。
映画「大脱走」で収容所の所長が「捕虜収容所の方が安全なのだ」と言ったのはしごく当然。


47 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 17:53:25 ID:3qkLk9Lz
さっきテレビで、85才の現役プロパイロットの高橋さんを紹介していたが、
予科練出身の一式陸攻乗りだったと。

沖縄戦で雷撃に出て、出撃ごとの帰還率五割。
残ったのは高橋機一機のみだったそうな。

テレビでは静岡の川辺の飛行場でパイパー機に乗りソアラーを引っ張ってたが、
いつも大空をかけた戦友たちへの供養の気持ちを忘れない。
現在は日本航空協会の理事とのこと。


48 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 18:08:48 ID:???
俺も見てたわ
よく陸攻乗りで行きてられたなと思いつつ見ていたら、案の定1機のみ帰還で納得。

49 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:21:57 ID:???
沖縄で一式陸攻で雷撃し掛けておいて存命中、
なんつーか一言で言うなら奇跡だな・・・

50 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 23:26:55 ID:???
一式陸攻の20mmは射界が広そうでいいよね

96陸攻の後上方銃座は尾翼が邪魔すぎて非常に使いにくそう。

51 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 12:37:14 ID:Lq+nHExI
一式陸攻でも11型の上後方銃座は、7.7mmの手動だからさほどでもない。
22型以降は上後方は動力式の20mm銃座になったから、敵機には脅威。

尾部は当初から20mmだけど、11型は後端のV型風防開口部から
内部への風の吹きもどしが激しく、実用に難があった。

このため現地では、風防左右の成形部を外し尾部をスパッと切り取ったような
形状にしたら、吹き戻しが減ったうえに射界も広くなった。
空気抵抗もさほど変わらなかったらしい。


52 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 13:08:45 ID:???
96陸攻は魚雷が落ちなくて大変だったらしいが一式では電気式になって激減したと。

昭和20年にもなってオンボロ96陸攻で決死の夜間雷撃して
肝心の所で魚雷落ちずに心底ガッカリしたペア(マシ-374号機)もいた。

53 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 15:00:25 ID:???
>>51
>このため現地では、風防左右の成形部を外し尾部をスパッと切り取ったような
空中勤務者からすればそんなことないだろうけど、結構怖いよなそれって・・・

54 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 19:15:46 ID:???
天皇陛下から頂いた機体でもそういうことやるのね。

55 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 20:06:34 ID:LLN+JuFu
山本五十六長官の撃墜時の一式陸攻は、二機とも後端風防取り外し仕様だった。
尾部銃手は油断してたので開口部から放り出されちゃった模様…


56 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:40:39 ID:???
>>50
B24だったかB25だったかの双尾翼は、後上方銃座の真後ろへの射界を確保するためだったと聞いたような・・・

57 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:53:21 ID:HlSwaeVo
飛行性能安定の為だよ

58 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 13:08:24 ID:VJAupcig
B24は胴体短いから、安定性のためにも双尾翼を選択したんだね。
B24の海軍仕様PB4Yは単尾翼に変更のため超巨大な垂直尾翼。

59 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 14:19:17 ID:???
そうなんだよ当時は航空機の性能が飛躍的に向上したので
機体形状、外板形状、エンジンナセルの形状など試行錯誤の
時期でもあったんだね

60 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 14:31:13 ID:???
三菱的には96陸攻→1式陸攻→4式重爆(陸軍)と進化していってるよね。

61 :ハインフェッツ:2008/08/23(土) 19:40:29 ID:???
失敗作もあったけどね。

62 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:03:31 ID:vm2hfBFg
中島のは実質全部失敗。総合力不足。呑竜、深山、連山…

63 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:15:13 ID:???
>>62
うーむひどいな

大型機は三菱か川西の方がいいな。

64 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:34:09 ID:???
>>62-63
連山は成功作なんじゃないか?

それに続いたであろう富嶽も高性能機になっただろうし。

65 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:40:13 ID:???
>>64
正気ですか?


66 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:54:21 ID:???
結果論だが日本は4発機どころか双発機も作らなくて
良かったのではと思う、日本の双発機が爆弾搭載量1t
程度であれば、単発複座機で十分ではJu87は戦争後半には
1t爆弾を運んでおり、日本も1500馬力級のエンジンは
どうにか量産できたのでJu87程度の爆撃機は製造でいたのでは
資源や生産ラインの節約にもなるし搭乗員も少なくてすむ


67 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:17:14 ID:???
>>66
つ「彗星・天山・流星」

まあ大戦末期でも長距離の哨戒や輸送、夜間飛行には双発機が欠かせないのだが

>>64
額面上の性能はね… >連山

68 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:20:22 ID:???
>>66
単発爆撃機で1t積んで、航続距離も3000〜5000km確保できれば
それでいいが、さすがに無理だろw

日本の場合は英米機のように搭載量が多くても、
南方じゃ長い滑走路ないし、とても補給が追いつかないんでおk

69 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:30:36 ID:???
補給がおっ付かないからこそ、増槽無くとも長距離任務に就ける陸攻が必要なのでは?
増槽さえつければ銀河でも陸攻並みの行動半径になる

70 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 02:01:55 ID:???
つか一式陸攻になんで増槽無いんだろう?

71 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 03:00:01 ID:???
要らないから

72 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 04:21:17 ID:???
インテグラルタンクの代わりに増槽か。
損害が少しは減りそうだな。
増槽が足りなくなりそうだが。

73 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 10:35:49 ID:???
1tと簡単にいうが100kg*10とか250kg*4とか500kg*2を積んで単発機で3000km飛ぶのは無茶だろw

>>70
11型には銀河と同じような爆弾倉につけるのがある。でもそれじゃ偵察しかできないからって
22型で2000リットル近くさらにタンク増やしたのにくらべたら銀河の600*2の翼下吊は健全?


74 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 10:54:47 ID:???
>>66
偵察、攻撃任務は基地仕様の97艦攻に担わせるという手もあるが…
高高度からのガ島爆撃は諦めないといけないな

75 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 11:58:52 ID:???
後知恵で語るアドバンテージがあるのにまだ航続距離に
こだわるのか?戦争前半ならいざ知らず43年以降
長距離爆撃の機会は激減し、効果もほとんど無い
成功率の低い長距離爆撃で1t程度の爆弾を運ぶのに
双発機を使い搭乗員4〜6名を犬死させるのか

76 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 12:00:51 ID:???
爆撃以外の輸送・哨戒・夜間飛行を完全に忘れてるよーでw

77 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 12:28:56 ID:???
寧ろ四式重爆を魚雷胴体内格納可能にして、増槽くっつけて正式に一式陸攻の後継機に・・・
奉山の要求仕様なんて四式重爆と大差無いんだから、双発で充分作れたと思うけどなぁ
>>75
>双発機を使い搭乗員4〜6名を犬死させるのか

搭乗員で一番価値が高いのはパイロットで、ぶっちゃけパイロット以外は多少死のうがry
パイロットを複数の銃座で守ると言う考えはあながち間違いじゃない

78 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 14:10:54 ID:???
陸攻にしろ大艇にしろ、熟練度順に機長をさせるようにすればよかったかもね。

実際は階級順だったから、初陣の少尉中尉が機長をやって
謎行動を取って未帰還・・・

79 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 14:35:50 ID:???
階級が下でも経験豊富な下士官に判断をゆだねるのが普通なんだが。
階級が上ってだけで自分も死にたくないでしょ。

80 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 14:59:29 ID:???
>>79
無理無理、当時の即席中尉の威張りようはすごかった。
大半は素人機長命令でやって、あっさり未帰還なんよ。

沖縄偵察の彩雲隊の未帰還はそれが結構原因。

ベテラン下士官が機長の場合はまず、九州を出発後、逆に北上して高度を取り、
高度を取ったまま高速で沖縄の偵察成功。まぁさすがといったところか。

素人中尉機長機は、そのまま上昇しつつ九州から南下して、
上昇中で速度が落ちている状態で沖縄北方で戦闘機に捕まって落とされる。
これでは彩雲の航続性能、高速性を全く生かせていない。

81 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 15:13:38 ID:???
>>80
実際の戦記本に書いてあることなんだが。

82 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 15:19:37 ID:???
>76 爆撃機の話をしたまでなんだが、もちろん輸送機や
長距離哨戒機は双発以上がいいのは解かりきっている

83 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 15:26:01 ID:???
>>81
「死闘の水偵隊」って戦記本にも中尉殿には本当に困った〜って書いてあるんですよ

84 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 15:32:02 ID:???
つーか、一式陸攻自体最末期には殆ど「一式輸送機/一式哨戒機」名義で作られてたのだが。
(武装自体は可能なので再度爆撃機化された機もあるけど)


陸攻の代用なら彗星・銀河があの状況にもかかわらず1000機以上作られ配属されていたし。

85 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 15:43:38 ID:???
>>83
こちらも『二式大艇空戦記』の記述から。

血気に逸る新米士官を説得できれば生還し、できなければ未帰還と。

86 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 16:01:55 ID:???
>>85
新米士官だけの陸攻ペアとか作って一掃(ry

87 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 17:54:12 ID:???
敵と戦う前に味方の新米士官機長との戦いがあるわけか
だめだこりゃ

威張るだけの戦時急造新米士官と数少ないベテラン下士官、
危険な任務では飛ばなくなった少佐中佐。
困ったら何でも特攻特攻。これが末期の日本軍

その点、全員士官の米陸海軍は余りある物量と実力をフル発揮。

88 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:01:22 ID:???
流石にアメでも、多発機では操縦士以外は兵、下士官だぞ
航法と照準だと将校の場合多いっけか・・・?

89 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:26:42 ID:???
>何でも特攻特攻

901空や634空、豊橋空や松島空(しかも九六陸攻)による夜間攻撃は勿論、
芙蓉部隊や本土決戦に温存されてた752空の存在を知らないことはわかった。

90 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:30:59 ID:???
>>89
坂井三郎氏や武藤金義氏まで特攻に出したりする某航空隊は完全スルーですか?

91 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:39:33 ID:???
>坂井三郎氏や武藤金義氏まで特攻に出したりする

343空のことを言ってるなら坂井氏は武藤氏と入れ替わりに帰ったし
武藤氏も7月末の空戦で未帰還となっていますが…

92 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:44:15 ID:???
>>91
とりあえず、「大空のサムライ」を読もうな

93 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:56:20 ID:???
要は343ではなくて横空、八幡部隊時代の話か。

で、通常攻撃を続けた航空隊のことをどう説明するわけ?
陸攻・艦攻を問わず雷撃機、雷撃隊による特攻自体
零戦や艦爆、それらの部隊による特攻と比べると少例なのだが。

94 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:08:35 ID:???
>>86,89,91 お前はこのスレまで荒らすのか

95 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:14:42 ID:???
嵐に嵐と言われたかねーなw



海軍中攻隊や世傑の九六陸攻でも読んで出直してこい。

96 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:33:08 ID:???
文献どころか過去スレ、果てはwikiすらまともに見てそうにない輩を相手にするな。。

97 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 20:15:54 ID:???
俺も厨房の頃は坂井氏の言うことを鵜呑みにしていたなぁ。

98 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 20:32:35 ID:???
あれがゴーストライターだなんて
知らなきゃそりゃ信じるよなあ。

いや、どちらかというと坂井さんあることないこと書かれまくった被害者に近い立場なんだが・・・

99 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 20:46:24 ID:???
確かに光人社の社長に書いてもらったけど
普通は内容の校正ぐらいはしているだろ。

100 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 20:50:47 ID:???
>>95 最近特にひどいぞ、いくらネットの世界とは言え
 最低限の常識は持ち合わせてないと

101 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:19:19 ID:???
なんという釣り

102 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:25:18 ID:???
話し戻すけど、四式重爆と銀河ってどっちが雷撃機として優れてたんかな?

銀河:速い、被弾面積小、頑丈な機体
飛龍:防御火器多い、信頼性高、機動性高

起動部隊への昼間攻撃だと銀河の方が強そうだが・・・何となく

103 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:33:55 ID:???
>>102
どうぢても生き残りたい自分なら銀河を選ぶかな?

うまくいけば故障で引き返したり、不時着したりできるからね。
いつも油温上昇で引き返してくる銀河ペアがいて○○油温くんと陰口されてたらしい。

104 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:43:26 ID:???
大戦末期のドイツ防空隊の生還率は、特攻隊の生還率より低かったとか聞いたことがあるなw

105 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:44:10 ID:???
起動部隊www

106 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:44:53 ID:???
>>102
元々艦艇攻撃を前提にしたスペックの機体だしやはり銀河かと。

ただ狭い上に飛行中に飯を食うのも一苦労だし便所も無いが。

107 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 21:51:31 ID:???
敵に攻撃されたり、攻撃するときは銀河の方がマシだろう。
それまでの捜索や航法は飛龍の方がラクだろうな。

108 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 23:54:04 ID:???
>>104 誰も釣られないな

109 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:09:39 ID:???
大戦末期の特攻隊は会敵出来なかったり整備不良だったりで生還率50%超えてた訳で・・・
一方のドイツパイロットは高い確率で会敵する中、飛行時間が40〜45時間で前線に送られた

110 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 07:03:36 ID:???
>>102
銀河だと戦闘機の護衛なしで放り出されそう(てか放り出される)だけど
飛龍だとなんとか零戦あたりがついてきてくれそう

111 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:40:33 ID:???
>>110
海軍の爆撃機に海軍機の護衛がつかないで陸軍機につくとか頭大丈夫?

112 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:44:01 ID:???
銀河は昼間攻撃をやらかしたりもするけど、飛龍は夜間雷撃専門ってイメージ
どっちもマリアナ前後の登場だから。大規模な戦爆連合なんか組める時代じゃないでしょ

113 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:56:16 ID:???
>>111
雷撃する時は海軍指揮下に入ったりするけど資料読んでる?

尾翼記号まで海軍風に書き換えるよ

114 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:04:28 ID:???
で、そういう場合は靖国部隊とか靖国と呼ばれるんだが史料読んでる?

何れにせよ、銀河を放り出すという理由がわからんがな。

115 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:05:28 ID:???
又ミクロの話に突入ですね

116 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:09:03 ID:???
銀河は敵艦上機の空襲圏外から戦闘機の援護無しで攻撃を仕掛けるのが前提の機体だからな。
(そのための高速とコンパクトな胴体、防弾装備だが)

117 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:10:27 ID:???
てか、陸攻が行く時は夜間雷撃だからどちらにしろ戦闘機の援護はないだろーね

桜花くらいだ、あんまりな無茶をやったのは。

118 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:17:54 ID:???
残念だが陸攻は最後は輸送機代わり。
サイパン強襲が最後のご奉公のはずだったけど。
集結していた三沢基地を空爆されて多数が地上撃破。


119 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:21:08 ID:???
中翼だから見た目の割りに意外と積めないのは内緒だ。

120 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:37:31 ID:???
>>119
まあ胴体が太い分九六陸攻よりは人員を乗せ易かったそうだがね。

121 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:31:52 ID:???
ここで銀河で人員輸送をする方法を考えようか

122 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:51:09 ID:???
月光に2名+16名乗って包囲下のグアムからトラックへ脱出した例があるから、
胴体が長い銀河ならかなりいけるだろう。

123 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:44:16 ID:???
>>122
それって、実は定員オーバーのギネス記録では…?

ちなみにギネス記載の記録は、サイゴン陥落時、一家5人をO-1バードドッグに
乗せて、空母ミッドウェイへ強行着艦した事例だったと思う。

ttp://steeljawscribe.com/2008/04/25/flightdeck-friday-desperate-times-desperate-measures

124 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:47:33 ID:???
あれは月光の胴体に立ち乗りだったけどさ、

上の風防に3人乗り前提で設計されてた月光と、最初から2人と予定されてた銀河とじゃ、
意外と月光のほうが乗れる人数多いんじゃね?
爆弾倉使えるならどうか分からんが

125 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:56:52 ID:???
当時の体格で一人50kgとしても、800kgの重量をバランスも考えずに余分に乗せて、
しかも一度も双発機を操縦した事もない艦攻パイロットが操縦して離陸

確実な氏が数日後に迫ってる状況下じゃないと絶対にやらんよなw

126 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 22:00:07 ID:???
発艦訓練0な自分の部隊を、
日本最小の空母から発艦させた男だぞ・・・

そのオッサン

127 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 10:15:42 ID:???
雷電だって3人乗れたり相撲や麻雀ができるらしいぞ。

128 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 17:48:36 ID:???
流石、メタボ雷電!

129 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 18:23:34 ID:???
空力的に優れている雷電なのだが。

130 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 18:38:44 ID:???
某孤島に取り残された搭乗員救助で94水偵に5人乗った事もあったな

131 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 20:57:33 ID:???
>>129
プロペラが無いモデルならな・・・

実際はプロペラ後流と胴体の間の空気抵抗が増大するので、
雷電型よりもエンジンからすぐに細い胴体に導くFw190A型の方が空力的には優れてる。

132 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 21:25:28 ID:???
>>131
雷電とキ100は自重と全備重量がほぼ同じで速力差が20〜35km/h。
約300馬力の差はあるが、もう少し差が縮まっても良い様に考えられる。

133 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:22:08 ID:???
 時系列的には盧溝橋事件が7/7。本当は事件前から日本側の協定違反による増兵や駐屯地域、演習地域の変更は双方で大きな問題になっていた。(日本側は抗議をいずれも突っぱねていた)
 日中は和平の道を探ってはいたが双方の条件は折り合わず次第に行動と要求がエスカレートし小さな衝突が幾つか発生。。
 遂に中国側が最後の関頭演説で妥協の拒否を宣言したのが7/19。
 日本側の最後通告が7/26で攻撃開始が7/27。(最後通告の期限は未だ来ていなかったのだが…)
 中国側の北平放棄決定が7/28。7/30には天津陥落。
 蒋介石は7/31に「抗戦中の全軍将士に告げる書」を発表し最後まで抵抗することを宣言。
 それまでの散発的衝突と異なり、日本軍の作戦行動で例えていえば京都、大阪に相当する北平と天津など周辺地域の陥落により中国側は7月末頃には抗戦を決意し発表もしていた。
 それは日本側でも承知していたが相手側の戦力と決意を軽視しており北支で戦争状態が現におきているにもかかわらず上海の戦いで後手に回っているんだ。
 不思議なのは北支での作戦行動はその間も継続しており、日本軍の一部は張家口を侵犯、南口を攻撃している。
 自分は作戦行動による進撃と攻撃を継続しているのに相手がそれを行わないと考えていたとすれば相当に甘い。
 その時点で過去の停戦協定は実質的に効力を失ってしまっていて、停戦協定委員会が8/12に開催されているが実効性のある取り決めは出来なかった。

 こんな調子だから協定違反は双方やっていて、正直どっちもどっちだと思う。

134 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:24:41 ID:???
誤爆失礼

135 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:26:56 ID:???
>>131
FW190Aは疾風と航続力以外性能は同等。
速度は共に630q程度で全備重量もほぼ同じだし馬力の差はプロペラ効率と翼面積で相殺されてる。
フォッケ社発表のスペックは嘘なので英軍テスト結果をみる限りそう言える。
高高度で性能ガタ落ちな発動機も同じ。
対して雷電は全備重量が軽くペラ効率もいいので上昇力に勝る。
もちろん五式戦と比較してもそう。
機首前面を絞ってる分小直径エンジンを積んでる感じでペラ効率がいいからだ。
プロペラ後流による抵抗増加を前面抵抗減少で相殺してるとは言えないか。
そしてもしかしたら五式戦の運動性は雷電と同程度かもしれない。

136 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:39:47 ID:???
雷電太郎が明らかに他機に優越してるのは、横方向の旋回くらいと思うけど?

137 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:54:07 ID:???
雷電の格好良さは異常

138 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 03:09:48 ID:???
おーい陸攻に戻れw

139 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 04:37:28 ID:???
雷電は着陸速度が速いくせに貧弱な足なんで事故続出だった。
そもそも日本機はタイヤ径が貧弱だよな。

140 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 09:09:58 ID:???
でかいタイヤにしたらゴムがもったいないじゃないか

141 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 12:41:12 ID:???
ゴムだけは売るほどあるんだが・・・・・

飛燕とかは主脚デザインのせいかあんまし貧相に見えんな。

142 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 00:40:53 ID:???
雷電は殺人機と呼ばれてないな。

143 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 00:42:34 ID:???
対戦闘機戦をするには急機動が出来ないんじゃなかったっけ?
坂井曰く”雷電でP51を落とせるのは赤松さんくらい”だし・・・

144 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 05:52:14 ID:???
雷電で格闘戦やろうとするのが間違っちょる。
一撃離脱に徹すればそれなりに活躍できたんじゃまいか。

145 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 11:27:29 ID:VI4th+Uw
雷電は前も後ろも視野狭窄だから、前上方以外は眼中にない。

146 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 12:59:38 ID:???
http://cb1100f.web.infoseek.co.jp/4601.gif

147 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 19:25:20 ID:???
雷電が事故続出だの視野狭窄だの憶測に過ぎないな。
着陸速度も視界も欧米標準よりむしろ勝ってるんだが。
着陸は飛行場が狭いとかブレ―キの効きが甘いのはあるが日本共通。
事故率はスピットやメッサ―やF4Fの比ではないし視界が狭いのでなく操縦席が零戦等よりずっと広いから顔を近付けないと下が見えないとかなだけ。

148 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 22:15:44 ID:???
>>144
日本でも一撃離脱戦法を多用した人は沢山居た(零戦52丙がF6Fに一撃加えて逃げていく様子が撮影されてる)が
その中で”雷電を使ってP51を落とせるのが赤松だけ”・・・と言う坂井の証言はそれなりに重いと思うけどね。
どれだけ突込みが早くても急降下制限速度がそんな早い部類でもないから

それにF6F相手に零戦が迎撃に上がってる間でも、雷電の大半は空中退避などしてる

149 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 22:32:39 ID:???
P-51相手なら零戦でもちょっと厳しいよな。

坂井氏も戦後P-51乗ってみてエルロンの効きのよさに驚いたそうだし。

150 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 23:45:15 ID:???
>>148
新鋭機なのにハリケ―ンやBF110みたいな扱いだな。

151 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 00:14:01 ID:???
B-29を相手にしないといけない新鋭機が、グラマンやP-51相手に損耗したら困るんだろ。

152 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 11:09:21 ID:NWuw2E7d
一式陸攻のエンジンナセルも、雷電のような紡錘形+延長軸+冷却ファンにすれば
速度向上?それともマイナス?

153 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 11:52:03 ID:???
雷電のあの形状は胴体全部を含めた空力を考慮した結果。
(それが正しいのかどうかはまた別)
後方にナセルしかない双発機に採用するとまた別の形状にされたと思う。

154 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 12:18:17 ID:???
つか普通にハ211U換装で良いのでは

155 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 15:27:35 ID:W60I5HrK
ハ50、3200馬力にしなさい

156 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 16:02:40 ID:???
>>152
量産の阻害と振動の原因になるだけでしょう。
稼働率が低下して、陸攻乗員の温存には貢献したかもしれませんw

陸攻にとって速度が10km/h上がろうが下がろうが大差ないし。
それよりも、長時間安定して動く方がよっぽどいいな

157 :ハインフェッツ:2008/08/30(土) 19:32:50 ID:39LYUYA5
>>156
あの振動の原因ね、プロペラの剛性不足が原因だったみたい。

158 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 03:11:57 ID:???
>>147零戦に慣れてるとそういう評価になる
アメリカ人によれば広くて視界良好でグッド!と言う高評価

159 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 12:19:37 ID:???
無駄なものを削ぎ落として性能上げるしかなかった日本と
重いなら馬力上げればいいじゃんHAHAHAなアメ公じゃまるで違うな

160 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 14:47:26 ID:DT1z+LoN
>>146
G4M1/G4M2 陸攻使用標準 
軍機密80部のレア資料だね。すごい!!

自重がG4M1が7トン、M2で8トン。
1トンも重くなって、その代わり燃料が減ってる。
最初の燃料がとにかく欲張りすぎだったのかも…


161 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 18:10:43 ID:???
>>159
最後は、それじゃ足りなくなって必要なものまで削ぎ落とすと

162 :ハインフェッツ:2008/08/31(日) 19:50:01 ID:Ce1iT3o3
>>159
ただし、アメリカ機でもいいやつは馬力向上の一方で
細かい部分にはきちんと気を配ってるんだよね。

163 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 20:20:32 ID:???
>>162
F8FとP51以外は思いつかない・・・

164 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 21:34:51 ID:/7pc2rov
一式陸攻の前方及び後方火力は不足してないか?

雷撃の前後に敵艦に砲銃撃を加えていれば生存率も高まるだろうに。

165 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 22:41:30 ID:???
>>164
火力増やしたなら増やしたでそれをどうやって扱う気?
無駄に重くなるくらいならその分防弾強化した方がマシ

>>163
とりあえずスカイレイダーを忘れてる

166 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 23:48:04 ID:???
一式陸攻の防御火器は20mmと7.7mmの組み合わせが
ほとんどだが12.7mmに統一する考えは無かったのか?
7.7mmでは米機には威力不足、20mmは装弾数に問題が

167 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 23:53:28 ID:???
マウント考えると7.7mmを12.7mmにするには苦しい気が

168 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 23:57:13 ID:???
なんで外付け増槽にしなかったんだろうか。機体はもっとコンパクトにできたんじゃないの?
あるいは歴群の図なんか見ると胴体内は結構余裕あるような気がするんで胴体内増槽にしとけば
とも思うな。

169 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 00:02:16 ID:???
魚雷を積めないと陸上攻撃機になりませんよ。

170 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 00:10:19 ID:???
寧ろSM79のように魚雷を二本搭載とか・・・

171 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 00:25:02 ID:???
>169
増槽は翼に付けて
魚雷は97艦攻みたいに胴体外付けじゃダメ?

172 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 00:35:04 ID:???
>>170
2本も積んだら飛べないです><

173 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 00:55:17 ID:???
>>166
零戦と同じ装備だから補給の点で非常に便利。

本土から遠い所で使うんで、補給を最優先で考えないと。
最終的には20mmオンリーになっていくが。

174 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 04:11:14 ID:???
兵頭二十八の「パールハーバーの真実 技術戦争としての日米海戦」って本に、
陸攻の再評価が行われてて、ちょっと嬉しかったw
軍板じゃ「あんなデカい機体で雷撃とかキチガイだろ、プゲラw」と煽られることが多かっただけにね。

>>168
これ以上機体を細くしたら大変なことに。

>>170
ただでさえ長距離攻の燃料搭載過多で、離陸失敗事故もあったのにw

175 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 19:47:04 ID:???
兵頭二十八

176 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 21:10:59 ID:???
外付け増槽は何故無理なの?
陸軍も屠竜に付けて飛竜には付けてない

177 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:24:02 ID:???
仕様を巡る議事録で桜井という専門家がたいして根拠を述べずに
「胴体内に燃料を積めば面積を小さくして防弾鋼板を搭載出来る」
という大西氏の正論を却下してるな。このことは兵頭28も問題にしているが

178 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:27:20 ID:???
>>177
胴体内の燃料タンクというのは実は結構難儀な代物でね。

燃料とは使われ減っていくもの。
つまりどんどん軽くなるわけ。
これがどういうことかというと・・・前後方向の重量バランスが変わっていくわけよ。
つまり、機動性にもろ影響でるのね。

じゃ翼内は? というと前後方向ほど影響でないの。
左右が同時に減っていくから、左右で重量差は生じないからね。

179 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:29:30 ID:???
P51みたいに操縦性が変わるなんて心配は?
胴体内タンク。
基本が雷撃だと重視されたかも。

180 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:35:53 ID:???
>>176
飛龍は増槽おkな長距離仕様あるよ。

181 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:38:30 ID:???
増槽だって貴重な戦略物資で製造されているという事実を見逃してないかい?


182 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:56:55 ID:???
>>180
サンクス
飛龍にはあったのか。知らんかった。
とすると、なおさら一式の増槽タンク無しが不思議になってくるけど。

>>181
木製もある

183 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 23:59:35 ID:???
>>182
加工の手間がダンチ。
所詮は戦略物資の枯渇に伴う代用品。

184 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 00:39:16 ID:???
>>182
飛龍の頃には、戦場が近くなってたんで増槽の補給に悩まなくてすんだからかも

南方で作戦する時は、増槽なんて零戦くらいしか使えないよ。
18機の陸攻が一回に作戦すると増槽36本が必要、と考えたら
すぐに補給で行き詰りそうになるのが想像できる。

185 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 01:18:52 ID:VtEI1Ee9
双発爆撃機の落下増槽というのは、海外でも稀だから。
銀河の場合は、結構無理して吊り下げてる雰囲気もある。

186 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 01:21:31 ID:???
>>182
陸攻は爆弾槽に増加タンクを付けられる(B-17やTBFなんかでもやってる)

>>184
飛龍の落下増槽は計画があった」だけ。
内翼部へ統一ラックつけて、爆弾を増載可能にする計画があって
汎用ラックだから統一増槽も付けられるので、配管もしておこうとなった。
飛龍の長距離仕様改良型は主翼伸ばして機内タンク増す計画だし
実戦でやった「増槽」は胴体内増槽で、陸攻と同じで爆弾槽の増加タンクのこと。

187 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 12:15:47 ID:???
銀河の落下増槽というのが、写真であったなあ。

増槽にいちいち番号が書かれてあって、その機体専用となって、
他の機体には装着できないんだそうだ。

ガソリンが漏れてしまうから。工作精度がよくなかったという。

188 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 17:39:33 ID:???
取り外し式の延長翼端をつけて、そこに燃料を入れる。
なんて話を聞いた事があるんだが、はてどの機体用だったか・・・

189 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 22:09:03 ID:???
連合軍みたいに紙で作ればよかったんだよ増槽。
数時間だけ持てばおk。風船爆弾みたいなのが作れるんだから

190 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 22:41:07 ID:???
>>189
アメリカ陸軍航空隊が紙製増槽を使用したのは、
ドイツ上空で落とすから敵に資源を渡さないためって理由もあるそうな。

一方、日本は途中から木製合板か、竹骨組布貼りの増槽に切り替わったよ。

191 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 22:48:19 ID:???
紙製増槽は吸い上げ性能は最悪で燃料の半分以上が使用不能だったそうな



192 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 23:52:34 ID:???
高空上がると膨らみそうな吸い上げて負圧になるとベコベコになりそうな・・・

193 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 09:36:43 ID:???
>>191
原因は紙製増槽は強度を稼ぐために仕切りが多かったからだったと思った。

194 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 14:03:43 ID:???
双発爆撃機に増槽ですか? 笑えますね

195 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 15:30:14 ID:???
笑えるも何も、銀河とか普通に増槽装備ですが・・・

196 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 16:59:38 ID:???
哨戒機の東海も増槽装備だお

197 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 21:37:19 ID:???
増漕なんてもったいないからドラム缶そのまま積めばいいんじゃね?

198 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 21:41:48 ID:???
場合によっては失速しますよ。

199 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 22:04:39 ID:Fml9pZEs
空中給油機を飛ばせばいいだけなのにw

2式大艇の油槽機仕様を開発すれば南方油田との
ライフラインも確立できたのにな。

逆に陸攻に着水アタッチメントを開発して、油槽潜水艦の待つ海面に着水・給油の後、
攻撃目標に向かうという運用も可能だよ。

200 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 22:08:05 ID:???
てんさいあらわる!

201 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 22:24:51 ID:???
>>199
荒巻センセイですか?それともバカ‥霧島那智センセイですか?

202 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 22:34:15 ID:???
>>201
林譲治センセイかも... それともキチガイ?

203 :ハインフェッツ:2008/09/03(水) 23:24:35 ID:Og2Issg/
>>199
陸攻に着水アタッチメントって…
あからさまに失敗しそうな臭いが。

204 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 00:04:04 ID:???
>>199
陸軍では飛行機での燃料輸送、やろうとしたよ。キ105乙で検索するとわかる。
うまくいけば燃料の8割を飛行に使って、2割を内地に持ち帰れると試算していた。

でもそういう輸送をしている事がわかれば、
米軍は輸送ルートに迎撃機を用意するだけの事。
燃料満載の大型機なぞ、戦闘機でなくてもB-24辺りで容易に撃墜できる。

205 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 14:57:56 ID:???
>>199
油槽潜水艦作れるならそれでそのまま南方から油運べばいいじゃない。

206 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 16:43:09 ID:???
まあそうだわなw
シュノーケル使えばそうそう見つからんだろう。

207 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 17:29:11 ID:RQFDp76n
シンガポールから内地までパイプライン敷設すれば万事OK!

208 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 18:13:25 ID:???
>>205
伊号351潜水艦ってガソリン輸送用の潜水艦建造して
シンガポールから1度だけ輸送に成功して、
2度目で潜水艦相手に沈められてるよ。

潜水艦で油運ぶ時点でもう(ry

209 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 19:40:20 ID:???
>>199
呑龍の空中給油機型、と言うのが計画されていたとか言う話。

210 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:08:37 ID:???
>>206
大戦後期のレーダーを舐めたらあかんぜよ!

211 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:44:46 ID:???
病院船ですら輸送船に利用して沈められてるんだよな

212 :厨房:2008/09/05(金) 00:26:54 ID:RRQR4fyc
F15EやF-16みたいにCFTではいけないのですか?

213 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 08:46:40 ID:hI720L66
荷物を秘諾して運ぶのに潜水艦はムリ

今でも南米のシンジケートが半潜水艇を使用して麻薬密輸してるそうだが
アメリカの沿岸警備隊にボコボコにされてると
報道されてる話があった。

214 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 08:49:06 ID:???
そりゃP-3Cが出てるんだもん、当たり前だろw

215 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 10:47:20 ID:???
そこまでしたら問答無用で爆雷が降って来そうだw
ドラックとか単価が高くて嵩張らないからそんなことまでやれるんだろうね

216 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 15:16:43 ID:???
>>213
日本を相手にする時は漁船でいいんだけどねw

217 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 19:23:22 ID:???
北朝鮮の漁船は時速40ノットも出るらしいな

218 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 00:18:34 ID:???
>>217
それは「不審船」です

219 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 02:48:26 ID:N3nAU7hn
一式陸攻の尾部20mm機銃の曳光弾 は見た目が派手だったようで、
米海軍のリポートに「ローマ花火のような火花」と記されている。
ローマ花火とは、紙筒に入っている連発式の花火。

220 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 02:50:28 ID:???
一式陸攻じゃ無かったと思うが
『どうせ当たらないんだから牽制用に全弾曳光弾にすりゃ良いんじゃね?』
って話があったな・・・

流石に機銃が悲鳴を上げるらしいが

221 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 03:02:12 ID:???
>>213レーダーが役に立たない分だけ秘匿性は上がるぞ

UボートZ型レベルまで進化するまで後20年ってトコか

222 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 07:48:39 ID:???
>>220
機銃が悲鳴を上げる前に、兵站が悲鳴を上げます。
たしか開戦のころは、曳光弾は全部輸入物だったと言う話を
聞いた事がある。

223 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:22:36 ID:yvaBhN4Y
>>221

船体を水面下に隠してエンジンの給排気塔と方向探知機アンテナのみを
海上に突き出した状態となるわけですが

半潜水艇だと視認性は普通の船よりは当然小さいですが
レーダーから完全に消えるものでしょうか?。

224 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:29:18 ID:???
当然に波に弱くて航洋性がないのだから、航路が特定できるんでしょ。

225 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:32:35 ID:???
>たしか開戦のころは、曳光弾は全部輸入物だったと言う話を
マグネシウムが貴重品だったとは効いているが。

226 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 06:20:40 ID:pbmmooru
ニガリの主成分はマグネシウムだよ

227 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 13:42:29 ID:???
ソノラマのどの戦記か忘れたが、
(曳光弾の色が)日本軍のは黄色だが米軍のはピンクで鮮やかできれーですな、
ってな回想録を読んだ覚があるなあ
不勉強なんで実際どうなのか知らんが

228 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:22:42 ID:???
陸戦で機関銃の曳光弾の色で日本軍と米軍の区別が
ついたとかいうのは聞いたことあるな

229 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 00:38:44 ID:Xa+Cb2vc
空中戦で堕ちていく飛行機は日米で燃え方が違うので、よく判別できたそうな。

230 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 01:45:11 ID:???
>>228
それ以前に機銃の射撃音で敵味方を判別できる。
日中戦争ではタカタカタカと軽快なのがチェコ軽機でドドドと重厚なのが92式重機だと言われた。
更に射撃音で自分が狙われてるかどうかもわかった。
銃弾の通過する音で距離の違いがわかるからで5b先と1b以内では音が違うそうな。


231 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 02:28:01 ID:???
あー、古参の兵士は迫撃砲とかも判別していたね。
あれは○○、今度のは××という風に。

232 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 08:33:43 ID:???
空襲された時もエンジン音で敵味方がわかるし。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)