2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

核兵器無しに冷戦は可能だったか?

1 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 18:21:10 ID:FOaOqMJi
ifは無いとか、いずれ開発されるモノだったとは言われているが。

もし、核が実用化されなかったら冷戦という体制は構築可能だったのだろうか?
もし可能だったとするならば、どの様な形だったのだろうか?

2 :部品鳥スーパー改 ◆Izm0rwxujE :2008/07/26(土) 18:21:36 ID:???


3 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 18:30:16 ID:???
おもしろい仮定だな。

ソ連が持つ前にしても、アメリカも持っていなければあそこまで強気な
トルーマンドクトリンやダラスの外交が出来たかは謎だしな。

4 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 18:38:00 ID:FOaOqMJi
アメリカの核兵器がない次第によっては
ソ連の北海道侵攻もあり得るしな。そう言う意味では
冷戦は何らかの形で起きたと思うが・・

5 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:00:56 ID:???
アイタタタタ

6 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:08:45 ID:???
両陣営の疲弊を考えれば、欧州方面は史実の勢力圏で分割。

むしろ日本の抗戦がもう1〜2年長引き、本土で地上戦が行われ、
北海道はソ連占領下で分割国家が成立するだろう。

で、朝鮮半島は全域をソ連が席巻。
中国の国共内戦が史実の朝鮮戦争と同じ展開になる可能性も有り得るが、
ソ連の国共両党への態度(原則的には国民党支持)と、
核を持たない米の態度を考えると、
むしろ20世紀初頭の列強諸国の様に、地方レベルでの傀儡政権を擁立し、
勢力圏争いを行う形になるだろう。

というわけで、相互確証破壊がありえないために、
帝国主義時代の植民地争いにも似た勢力圏争いが、アジア・アフリカを中心に続き、
いずれ(‘60s〜‘70s頃か?)WW3が起こるか、
双方共に核持って冷戦で、下手すれば今も続いてるだろう。

7 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:14:05 ID:???
爆撃機・ミサイル技術自体は進んだだろうから
BC兵器による一定の相互破壊体制ができた可能性は
有るのじゃないだろうか?

8 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:21:22 ID:???
最近の研究では日本はどっちみちポツダム宣言を承諾するのは
時間の問題だったのでは?

だからソ連が北海道侵攻する前にどのみち終戦になっていたはず

9 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:22:58 ID:???
BC兵器だと弾道ミサイル使えないんじゃないの?

10 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 19:28:42 ID:???
状況による

戦術クラスではサリンのクラスター弾頭などが実戦化されてる
(オネストジョンソン等)

ただICBMになると摩擦熱も桁違いだからムリかもね。

11 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:00:04 ID:???
でしょ?だから爆撃機投下のBC兵器による相互確証破壊くらいしかないわけで、そうなるとヴァルキリーみたいなのがいっぱい・・・。
でも核兵器みたいに物理的に吹き飛ばすわけじゃないから、戦闘継続はできるんだよね・・・。

12 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:01:59 ID:???
>>11

ガスマスク付けてまともに長時間戦闘継続出来るとは思えないけどね。

13 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:02:21 ID:Khn9kV1P
そもそも冷戦とは20世紀後半の米ソ冷戦に限らない。
別に核がなくても、
歴史上「軍事衝突のないイデオロギー衝突」という意味での冷戦ならあった。

ここでは20世紀後半の冷戦に限定して、
「もし核がなかったら」を想定してみよう。

もしアメリカの核開発がなかったとしたら、
8月という早い時期に日本降伏はなかったかもしれん。
ヤルタでルーズベルトはソ連参戦を約束させたが、
トルーマン以降はソ連の参戦を不必要と考え始めた・・・というのが通説。
しかし、もし米国が核を開発していなければ
アメリカはソ連参戦をそのまま歓迎していたと思われる。
するとドイツと同じく分割統治が始まっていたかもしれない。

ちなみに東欧をソ連が飲み込むという史実は
核のあるなしに関係なく起こるはずだから、米ソの対立は間違いない。

これ以上の考察は軍事板よりも世界史板がふさわしいかもね。

14 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:08:04 ID:???
ただ世界史板は兵器の話が来ると嫌うわけで
ここでいいのでは?


ただ、冷戦の火付けは役はトルーマンやルーズベルトじゃなくて根っからのアカ嫌いの
チャーチルだからね。どっちみち終戦となればイギリスからすりゃ目の前までアカが来るわけ
だから、イギリス大好きな包囲網を築くだろうに。



15 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:08:43 ID:???
>>12 でもさ、機甲師団そのものを消滅させられるわけじゃないじゃん。ヨーロッパ正面だとソ連止められんよ。
>>13 日本が史実と同じ時期に降伏してても、ソ連がアメリカの言うこと聞かずに南進した可能性ってあるかな?

16 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:10:31 ID:???
>>15
その前にまともにソ連が北海道まで来れる渡海能力があったかが怪しい。

BC除去なんてここ最近の装甲車じゃないと完全にはムリでしょ?
それに、24時間ずっと中にいる訳じゃなくて野営を張るわけだし
そう言う意味では有効かと

17 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:15:46 ID:???
T72くらいからかな、NBC装備は。NBC装備自体ももっとはやくできてたかも。
外気に触れずに済む野営方法も確立されてそう。

18 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:16:19 ID:???
核兵器の影に隠れて目立たないがVXが知れ渡ったときのショックも相当だったのだぞ。


19 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:23:19 ID:???
>>17
そんな野営はれても数万クラスではムリだろどう考えても・・

20 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:24:52 ID:???
核がないと言うことはアメリカの初期の圧倒的優勢もないわけだから
もっと勢力圏を確保しようと走ったかも知れない。
朝鮮半島も完全に抑えるとか、何としてでもドイツも抑えるとか。

21 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 20:25:07 ID:???
VXガスって一週間くらい残留するのな・・・そりゃ野営無理だわ・・・。

22 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:19:57 ID:???
お互いに、核落とすぞゴラァてんで自国勢力圏への相手の干渉を抑止してた訳だから、ハンガリー事件みたいな状況になると西側が干渉してくるんじゃないかな…
戦前のソ連は一国社会主義(まぁモンゴルとトゥバはあるけど)堅持だったが、伝統ある主権国家を勢力圏下においた上で武力内政干渉となると、問題が全く違ってくる気がする。

23 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:23:16 ID:???
19世紀後半の英仏VS独露のような関係になるかも知れないな。
尤も兵器などが核兵器を除いても差が話にならないが。

24 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:28:43 ID:???
核兵器がなかったらBC兵器の大規模な実験がこうなるわけだ

・アメリカ

砂漠に家畜を広範囲において散布する実験がが多数実行される。
ビキニ環礁では実際の艦船に羊をつないで散布実験を行ったが、あまりの量に風下にいた
日本の漁船が撒き沿いをくらう。

・ソ連

ソ連では、シベリアなどで大規模な散布実験を行う。カザフスタンの砂漠でも行われるが遊牧民の
影響が甚大。北極近辺では「ツァーリ・ポイゾン」を島ごとで行うが、それによって死んだ魚が西側諸国に
流れ着いて二次被害の騒ぎに。

25 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:35:53 ID:???
そういやドイツ問題があるわな。核なしで東西分断を90年まで持たすのは多分無理だろう。
あと、朝鮮は赤化するかな?核なしで維持し切るメリットを見出せるかどうか。ベトナム戦争も今まで続いてるかも知れん。 

26 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:40:10 ID:???
そうなるとアメリカの選択肢としては

・対馬九州を要塞化して乗り切る
・国共内戦の時に介入して満州も勢力圏に入れる

どちらかしかないね。

27 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 21:47:33 ID:???
満州にはソ連側の傀儡高コウ(”岡”の上に”山”の字:携帯じゃ出せん)がいるから
むしろ華南のどっかだろう。

28 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 23:23:13 ID:???
冷戦がここまで激化せず
インターネットがなかったかも

29 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 00:19:30 ID:s7E+Ai1T
冷戦は核の恐怖による、勢力の死守が一つの主な構造だから

いつ頃その核の恐怖システムが出来上がったかを考えてみると
核なしの冷戦が可能だったかについて考察できると思う。

30 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 01:39:03 ID:???
アラモゴードでどーんと逝った時点で、スターリンは俺らも絶対持つぞと決意している訳で。
後に拡大・精緻化するとはいえ、恐怖の均衡の素地は最初の一発で出来てると思う。

31 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 02:58:37 ID:???
どうあっても拮抗→冷戦したね。

1個師団消せないで、通常兵器としては弱かったし、両軍自分の王国持ってたから拮抗→大規模衝突回避した。


まあ、末期において、ロシアが暴発した可能性はある。

その他の点はとくに変わらないんじゃないか?

中共の国連いりはないか。

32 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 07:37:38 ID:dhaUBf9m
冷戦初期を考える上ではこういう脱構築思考は面白い

33 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 12:11:12 ID:kbXSTNs0
冷戦初期の状況と共にこの仮定で重要なのは

BC兵器が何処まで役にたつか、それも実戦よりインパクト・恐怖を煽るという分野で
何処まで可能かにかかるかな

34 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 12:26:12 ID:???
ある意味、WW1で効用と共に限界の見えた兵器だからなぁ>BC兵器
史実の核程に抑止力たりうるかと言うとむしろ下回ると思う。

逆もまた真なりで、核が開発されたとして、実戦での効果が未知数な以上、
特に残留放射能の人体への影響のデータ集積が成されていない事から、
単なる「爆発力の大きい爆弾」程度の認識しかされてない可能性もあり、
その場合核を手にした両陣営がどういう行動に出るかも興味深い。

35 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 12:30:22 ID:???
炭疽・VXあたりだと別でしょう
米ソ共に核の小型化が難しい時代は良く神経剤の
クラスター弾頭を搭載したりした。

それにBC兵器は製造技術より効率化・散布技術が重要な分野



36 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 12:44:14 ID:???
BCは確かに高精度・高効率での実戦経験がまだ幸いにもないからな。
ただイラクの使用に対してはイギリス国防省は「あのレベルの質でよくあそこまで戦線を止めたモノだ」
って不謹慎だが評価をしている。



37 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 14:50:20 ID:f1kWns8r
政治体制・経済体制的に双方が相成れないから
何らかの形で構造としては冷戦は起きただろうね。

ただ恐怖の均衡が成り立ったかはBC兵器の詳しい人にいろいろ
俺こそ教えて欲しい。

38 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 17:56:23 ID:???
BC兵器は効果の不確実性と、そもそもの効果の限界によってその抑止力は核兵器のそれに比
べ大分弱いものに止まると思う。

核兵器が無くとも東西の対立は史実どおり起こるだろうけど、それは冷戦と言うよりもホットウォ
ーの連続となるんじゃないのかな。

39 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 18:18:10 ID:???
>>38
まあそうだろうな。
大戦直後はソ連は大ダメージ受けてたから核なしでも
対米戦は論外だし、全面戦争の怖さは英ソはわかってる。
ホットウォーが連続するにしてもガチの激闘は当面はない。

ただ、ソ連復興後も続いたかは謎。
キューバ危機とか核がなかったら全面戦争になってたかもしれんし
それがなくてもいずれは第三次世界大戦が勃発してた気がする。

40 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 14:46:32 ID:???
戦前のタブンやソマンならともかく

VXや炭疽なら強力な毒性上、多少の天候条件が悪くても小型核くらいの致死量汚染区域
は作れるのじゃないか?

41 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 21:50:35 ID:NaY3GUVe
http://www2.plala.or.jp/kwsakura215aoto/5suchyo/kagakuheiki.html

のページによるとVXを300kgで、最大半径17kmの致死濃度範囲が可能とある。
色々条件考えてこの半分だったとしても、8kmほど

これでも500kt核クラスの致死範囲を持っている。
それなりに抑止力として有効と思うが。

42 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:05:58 ID:btPNrSra
>>41
なんせ
皮膚から吸収されるから
マスクだけじゃふせげないもんな

43 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:15:15 ID:???
戦術にどこまで使えるかだよなぁ
相手の都市に使えるというだけでなく
実際の軍事力も叩けるからこそ核は恐怖の抑止力となったわけで

44 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:35:45 ID:???
朝鮮戦争は史実どうりか?
中国が参戦したとき、(イザとなれば)核があったから踏ん張って巻き返せたとか。
でなきゃ総崩れで今頃半島まっかっか、とか。

45 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:38:14 ID:???
>>44

少なくとも、核がない分米軍は慎重な戦い方をしただろうね。

或いはもっと先に、朝鮮半島を単独占領したか。


46 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:46:41 ID:???
>>43

上の方にもあるけど、全ての兵器がNBC防御できる訳じゃないし
24時間その中にいるわけにもいかない。

一方ガスでも早くても数日は留まるわけで。それを考えると
戦術的価値はある。

47 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:54:25 ID:???
核がないとなるとICBM開発への推進力がかなり落ちるな。
必然宇宙開発も遅れるだろうし、コンピュータ技術の東西格差も史実ほどではなくなるかも。

48 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:56:30 ID:???
>>47
むしろ違う技術への投資が進んだかも知れない。

それこそ爆撃機が要になるだろうから。今頃SST旅客機なんて当たり前の時代とか
或いはICBMが出来たとしても、かなり耐熱素材が今以上に進化して
スペースシャトルも平気で飛べる時代か。



49 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 22:57:39 ID:???
防御対策としての医療・バイオ技術はかなり進んだかもね。

一方で進まなかっただろうモノはネットワーク技術。核攻撃に対処
するためから来ているから今の情報技術は。


50 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:01:03 ID:aOgD3BGJ
核より偶発的戦争・事故がBC兵器の方が起きそうで怖い。

51 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:04:15 ID:???
ミサイル以上に爆撃機の整備には金かかるから
もっと早く米ソ両国が財政的に悲鳴を上げて冷戦が崩壊した
可能性もあるのじゃないだろうか。

52 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:05:33 ID:???
核より拡散しやすいもんな。大国による力の均衡が成り立たない。

53 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:11:34 ID:btPNrSra
核より怖い技術ができてたりして
特定の人種にだけ感染するウイルスとか

54 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:11:35 ID:???
BC兵器は製造より、保管や毒の精度、散布効率のノウハウ技術がミソでは?

そういうのは金とかがものを言うから、層易々とギャップが埋まるとも思えないが。

55 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 23:13:22 ID:???
>>53
現実世界以上にエグい実験を行っただろうな。
それこそ原住民族を実験帯にしたりとか、死刑囚を使ったりとか

56 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 00:26:19 ID:imDcNPlL
低空を音速で進入する爆撃機・攻撃機が花盛りだったかも。

一方でBCで防空は出来ない分、それらを迎撃するためには
戦闘機とそのシステムも必要なわけで。

その世界はその世界で
コンピューター技術はそれなりに進歩しそうだが

57 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 01:02:25 ID:???
摩擦熱が問題になるなら、もっとペイロードでかいロケットに耐熱タイル貼り付けたら不可能ではないよね?

58 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 01:04:02 ID:???
>>57
無いけど、技術的なハードルが上がる
まぁその飛べないハードルを負けない気持ちでクリアしたかも知れんが

59 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 02:37:33 ID:WZdK8Yhb
ところで化学兵器は禁止だが
非致死性の無力化ガスはオケか?

60 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 02:38:12 ID:???
人質救出に使ってロシアが使ったやつか?

61 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 02:56:58 ID:???
核兵器無しってのは原子炉も実用化されない世界なのかな?
であれば潜水艦はワルター機関が主流となるが、ポラリスは無し。

あとBC兵器の影響を受けにくい洋上基地としての空母が史実以上に重要か。

62 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 03:02:05 ID:pjRKAt8A
耐熱タイルの技術が現実より進歩して
むしろ宇宙時代が来やすかったかもな。

爆撃機にしろ必要だし。素材系の進歩は必要不可欠かと。

63 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 23:36:47 ID:jHSCd/ty
BCは作成コストこそ安いものの、効率化・運用コストは核兵器より高い。
現実ではあきらめた爆撃機や攻撃機が大量に必要になり、それに対する対抗も必要になる。

そうなると、70年代には既に両陣営が息切れていた可能性もある。

64 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 12:53:06 ID:???
そうなるとベトナム戦争は起こらなかったか、起こってもかなり短期化してたかもね。
年表の『ベトナム戦争』の所が『ベルリンの壁崩壊』になってたりして。

65 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 19:57:03 ID:???
つまり結果は史実と大差無いとww

66 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 19:58:10 ID:yZJQEwR7
冷戦構築時の差異をみると
違う場面があるんじゃない?赤化しなかった国が出たりとか

67 :名無し三等兵:2008/08/11(月) 23:26:34 ID:5HfCf/fi
チャンネル桜 日本よ、今..闘論!倒論!討論!2008平成20年8月1日放送【どうする日米同盟、どうする日本の核武装】-9/13
http://jp.youtube.com/watch?v=ACCJoTdiO7o

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)